「PUI PUI モルカー」台湾でもブーム拡大 現地警察まで反応「ほんと萌え狂っちゃう」

「PUI PUI モルカー」台湾でもブーム拡大 現地警察まで反応「ほんと萌え狂っちゃう」

「PUI PUI モルカー」台湾でもブーム拡大 現地警察まで反応「ほんと萌え狂っちゃう」の画像

テレビ東京系の子ども向け番組枠「きんだーてれび」内で放送されているショートアニメ「PUI PUI モルカー」が台湾のネットでブームになっている。

日本と同じく、ネットで多くのユーザーが討論や考察を繰り広げているほか、公的機関のFacebookアカウントで二次創作イラストが掲載される程の話題となっている。

台湾ユーザー「子供は鬼滅、大人はモルカー」

「モルカー」は、「きんだーてれび」火曜日の枠で放送中のストップモーションアニメ。YouTube配信も行っており、2021年1月19日に第3話が公開された際は複数の関連ワードがツイッタートレンド入りを果たすなど大きな反響を呼んでいる。

人気があるのは日本だけではない。

同じ頃、台湾のネットユーザーもSNSで「萌え死ぬ」「人間は愚かだわ...」といった投稿を行っており、「今期覇権アニメ」「子供は鬼滅の刃、大人はモルカー」などのコメント合戦が繰り広げられていたのである。

現地では「天竺鼠車車」と翻訳されている「モルカー」。タイトル以外は台詞がないアニメであることから、日本語が分からなくても理解することができる。世界中どこにいても(ネットさえ繋がれば)YouTubeで楽しめるほか、所謂「言葉の壁」が無いのもこの作品の強みであろう。

台湾警察の公式FBにも「モルカー」が

そんなトレンドをいち早く察知したのは、台湾の警政署(警察の中枢機関)公式Facebookアカウント。1月18日、

「今日はもう『モルカー』した?愛らしい見た目に可愛い鳴き声、ほんと萌え狂っちゃうよね。
私たちがモルカーから学べる交通ルールはこちら:
(1) スマホを操作しながら運転してはいけません。(2)信号や道路標識をきちんと見ましょう...」

といった道路交通における注意事項を「モルカー」内のシーンを彷彿とさせるファンアートと共に投稿したのだ。

このネット世代に寄り添った『交通注意喚起』はすぐさま大きな反響を呼び、現地のネットニュースがこぞって取り上げる事態となっていた。

台湾の公的機関はこうした流行に敏感で、過去にも「あつまれ どうぶつの森」の画像を使用するなど、若者に向けたユーモア溢れる投稿をよく行っている。早速モルカーが取り入れられたことから、同アニメが現地でも相当な話題になっていることがうかがえる。

日本・台湾のみならず、今後世界へ進出する気配を感じる本作。続く第4話はもちろん、関連グッズをはじめとする展開にも期待できるのではないだろうか。

(フリーライター 室園亜子)