「48グループ自体が後退しているように思われてるけど」 HKT48、オンライン演劇で示す新境地

「48グループ自体が後退しているように思われてるけど」 HKT48、オンライン演劇で示す新境地

「48グループ自体が後退しているように思われてるけど」 HKT48、オンライン演劇で示す新境地の画像

コロナ禍でエンタメ業界の活動が制約される中、福岡市を拠点に活動するHKT48が、オンライン演劇という新たな分野に力を入れている。

「HKT48、劇団はじめます。 」(劇はじ)と題したプロジェクトが2020年10月中旬にスタートし、グループ内に立ち上がった2つの劇団による演目が21年2月20日、上演初日を迎えた。フルリモート劇団「劇団ノーミーツ」の支援を受けながら、企画、脚本、演出、出演、宣伝、上演などをすべてHKT48メンバーが担当。アイドルグループのメンバーが、裏方としての役割を含めて4か月かけて作品を作り上げる異例の取り組みだ。

メンバー36人が2つの劇団に分かれて活動

HKT48では、メンバーの田島芽瑠(たしま・める)さん(21)が、劇団ノーミーツの旗揚げ公演「門外不出モラトリアム」(20年5月上演)のオーディションに合格し、出演。これが今回のプロジェクトのきっかけになった。

プロジェクトには、メンバー36人が参加。「ミュン密」「ごりらぐみ」の2つの劇団に分かれて活動した。取り組みは、逐一SNSやユーチューブの動画で公開。HKT48のメンバーが外部のデザイナーとロゴ発注の打ち合わせをしたり、キービジュアル撮影の段取りをしたりと、「裏方」で汗をかく様子を伝えている。田島さんは、「ミュン密」で演出を担当。ユーチューブに順次公開されているドキュメンタリーでは、

「48グループ自体がなんかもう、後退しているように思われてるけど、その中で、がむしゃらに前に進もうとしているやつらもいるんだよ、というのは見せつけたいですね」

と意気込んだ。

「このまま千秋楽まで、みんなと一緒に突っ走っていければ」

ただ、実際の作品にこぎ着けるには紆余曲折もあった。上演後の「反省会」の発言やドキュメンタリーの内容によると、当初はSNSの誹謗中傷で悩んでいる人たちが集まって「12人の死にたい子どもたち」のような内容を構想し、準備を進めていた。だが、11月30日になって所属事務所が内容に難色を示したため、「仲良し5人組がアイドルを目指す」内容に大転換。宣伝のプランも大幅な変更を余儀なくされた。

こうして完成した作品「水色アルタイル」は、グループ最年少の石橋颯さん(15)演じる高校3年生の「針間るな」が主人公。目指していたアイドルのオーディションがコロナ禍で中止になって一時は絶望するも、仲間を集めて文化祭への出演を目指す内容。オーソドックスな青春ストーリーに仕上がった。田島さんは初回上演後のあいさつで

「いいスタートを切っていると思ったので、このまま千秋楽まで、みんなと一緒に突っ走っていければ」

などと話した。

伏線を次々に回収する緻密な脚本に驚嘆の声

もうひとつの劇団「ごりらぐみ」は作品「不本意アンロック」を上演。堺萌香さん(22)が、主人公の「後藤佳」を演じている。佳は仕事上のトラブルに疲れて職場を退職し「部屋にも心にも、しっかり鍵をかけてしまった」日々を送る中、松岡はなさん(21)演じる謎の人物「エニシ」がPCの画面に登場。「エニシ」が生きる未来では、完全に社会がバーチャル化され、トラブルを起こした人とは二度と出会えなくなる「強制シャットアウト」と呼ばれる機能を実装。誤解によるすれ違いでも、二度とやり直しができない社会になっていた。佳は、エニシの示唆を受ける形で、この未来を変えようと奔走する。あらゆる場面にちりばめられた伏線を終盤で次々に回収していく緻密な脚本が特徴的で、上映画面のコメント欄には驚きの声が続々と書き込まれた。

 脚本を担当したのは豊永阿紀さん(21)。ドキュメンタリーでは執筆に行き詰まって「引き出しが、もう空っぽなんですよ」と弱音を吐く場面も描かれ、2月17日付けのブログでは

「毎日パスポートと通帳持ってましたもんね。こういう時勢じゃなかったら多分飛んでました。だけど、今こうなって良かったです。助けてもらって、どうにかこうにか作り上げて」

と述懐している。翌18日付けのブログでは、かつて指原莉乃さん(28=19年卒業)に言われたという言葉を紹介しながら、初日を迎えられることへの感謝をつづった。

「頑張る場所は人それぞれに違って、優劣ではなく、それぞれが全力でそこに存在するから、グループが成り立つのだと」
 

初日は計4公演で2000人以上が視聴。各演目は2月21、23、27、28日にも2公演ずつ(両演目で計16公演)予定。「劇団ノーミーツ」がプロデュースするオンライン劇場「ZA」で上演される。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

×