「鬼滅の刃」アカデミー賞への道 ジブリを超え打倒ディズニー&ピクサーだ

「鬼滅の刃」アカデミー賞への道 ジブリを超え打倒ディズニー&ピクサーだ

「鬼滅の刃」アカデミー賞への道 ジブリを超え打倒ディズニー&ピクサーだの画像

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、第93回米アカデミー賞の「長編アニメーション部門」にエントリーされている。正式ノミネートの条件を満たすために2021年2月26日から7日間、米フロリダ州マイアミの劇場で限定上映されると、TBS NEWSが報じた。

「長編アニメーション部門」が加わったのは第74回からと、比較的新しい。日本の作品が過去に何度もノミネートされたが、オスカーを獲得したのは。

ジブリは何作もノミネート

同部門での受賞作を最初から見てみた。約20年の歴史の中で、アカデミー賞を受賞している日本映画は、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(第75回)のみ。ノミネート作品まで広げると、以下の通りだ。

・ハウルの動く城(第78回)
・風立ちぬ(第86回)
・かぐや姫の物語(第87回)
・思い出のマーニー(第88回)
・レッドタートル ある島の物語(第89回)/日本、フランス、ベルギーの3か国による合作映画
・未来のミライ(第91回)

細田守監督の「未来のミライ」を除いて、全てスタジオジブリ作品となっている。ノミネートされるだけでも相当高い壁だということがわかる。

本命の「2強」作品は

日本映画の歴代興収記録で、長きにわたり首位にあった「千と千尋の神隠し」を抜き、新たに一位となった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」。今回の「長編アニメーション部門」の日本作品は他に、スタジオジブリ作品の「アーヤと魔女」、山崎貴監督の「ルパン三世 THE FIRST」、湯浅政明監督の「きみと、波にのれたら」、スタジオコロリド制作「泣きたい私は猫をかぶる」、岩井澤健治監督の「音楽」などがノミネート候補作となっている。

強敵は国内作品だけではない。同部門では日本映画6作を含む全27作品がしのぎを削る。米映画業界誌「Variety」は、ディズニー&ピクサーの最新作「ソウルフル・ワールド」や、中世からアイルランドで伝えられてきた伝説を描いた「ウルフウォーカー」などがノミネートされると予測。映画ジャーナリスト・斉藤博昭氏の1月29日付記事にも「今年度の長編アニメ映画賞の本命は『ウルフウォーカー』と『ソウルフル・ワールド』で、この2強の争いと言われている」とある。

ディズニーとピクサーの共同製作映画には、これまでに「ファインディング・ニモ」「アナと雪の女王」「ズートピア」「リメンバー・ミー」「トイ・ストーリー4」をはじめとした、アカデミー賞受賞作がいくつもある。ただ「Variety」ノミネート予測記事の6番目に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が入っており、決して注目度が低いわけではない。3月15日のノミネート発表が待たれる。

×