テスラ、新型SUV「モデルX」発売=航続距離最大542キロ、価格は895万円から

 米電気自動車(EV)メーカーの テスラ・モーターズの日本法人は12日、スポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」を発売した。5〜7人乗りで、側面衝突回避システムや自動緊急ブレーキ機能を搭載するなど、安全性も高めた。

【関連動画】ホンダ、新型「NSX」発売=人気スポーツカー、10年ぶりに復活:http://www.jiji.com/jc/movie?p=mov733-movie03

 ラインアップはバッテリー容量が60〜100キロワット時の4モデル。最上位モデル「P100D」の航続距離は542キロ、0−100キロ加速は3.1秒と高い動力性能を実現している。ボディーは全長5037ミリ、全幅2070ミリ、全高1680ミリで、2列目と3列目の座席を折りたためば、荷室容量は最大2180リットルのスペースを確保できる(6人乗りモデル)。
 後部ドアには、跳ね上げ式の「ファルコンウイング」を採用。ドアとの隙間が30センチでも開閉でき、前後どちらからでも乗り降りをしやすくするなど、使い勝手を向上させた。
 価格は895万円から。納車は2017年以降を予定している。