ランボルギーニ、「チェンテナリオ」披露=770馬力、40台限定生産

40台限定ランボルギーニ披露

ランボルギーニ、「チェンテナリオ」披露=770馬力、40台限定生産

 ランボルギーニ・ジャパンは16日、伊ランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念した特別モデル「チェンテナリオ」を披露した。クーペ20台、ロードスター20台の40台限定生産で、既に全台売約済みとなっている。

【関連動画】ランボルギーニ「LP580−2」=後輪駆動モデル、日本初公開:http://www.jiji.com/jc/movie?p=mov579-movie03

 ボディー構造の全てにカーボンファイバー素材を使用し、乾燥重量を1520キログラムまで抑えた。最高出力770馬力、最大トルク690Nmを発揮する6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載し、0−100キロの加速は2.8秒、最高時速は350キロ以上に達する。
 足回りは走行状況に合わせて後輪を操舵する「ランボルギーニ・リアホイール・ステアリングシステム」を採用、高い走行安定性を実現した。