くまモン、仏大使公邸でいたずら三昧=観光イベントで切れ味抜群のダンスも披露

 東京都港区のフランス大使公邸で27日開かれた観光イベントに、熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」が出席した。ティエリー・ダナ駐日大使と邸内を巡ると、庭園で丘から転げ落ちるなど普段通りのいたずらぶりを発揮する一方で、熊本のワインをアピールし、県営業部長としての役割もしっかりと果たしていた。
 熊柄のネクタイを締めたダナ大使に迎えられたくまモンは、勝手にエントランスのグランドピアノを弾いたり、家具の引き出しを開けたりと、いたずら三昧(ざんまい)。庭園では芝生の斜面を転がり、枯山水の奥まで入り込むなど大使公邸でもいつもと変わらぬ自由奔放な振る舞いを見せた。しかし、ディナー用に準備された皿に触ったのは失敗。さすがの大使も目に余ったのか、くまモンをたしなめる一幕も。
 くまモンはイベントで、これまで4度訪れたフランスの観光地をスライドで紹介。パリの凱旋(がいせん)門やエッフェル塔をポーズで表現し、来場者はその愛らしい姿に笑顔。近日中に渡仏し、PRするという熊本県産ワインのアピールも忘れず、最後に仏語バージョンの「ハッピーくまモン」で切れ味抜群のダンスも披露した。