レクサス、宮古島でドライブレッスンツアー開催=非日常コースと極上リゾート体験

 「期待を超える感動」をテーマに充実したカーライフを提案してきたレクサスは15日から3日間にわたり、沖縄・宮古島でドライブとリゾート施設が楽しめるツアーを開催した。参加者はレクサス車に乗り込み、美しい景色の島内を巡ったほか、特設コースで日ごろ体験することができない走りに挑戦。抜群の眺望と島の新鮮な食材を提供する人気の高級ロッジに宿泊し、癒やしの時間も満喫した。
 島内に特設されたのは、ダートトラックとオフロードの2コース。全長約700メートルのダートでは最大出力477馬力を発揮するスポーツクーペ「RC F」とセダン「GS F」の2車種が用意された。プロドライバーから運転の説明を受け、初めはスローペースで砂利道を進む参加者。後半のタイムアタックでは、5リッターのエンジンがうなりを上げ、カーブではテールスライドさせながらコーナーを駆け抜けるなど、鮮やかな走りを見せていた。
 ダウンヒルや凸凹のモーグル路などが設けられたオフロードでは、大型SUV「LX」がコースに並んだ。エンジンが2000回転から最大トルク534Nmの約90%を発生するLXは、40度の斜面も難なく登坂。岩場やぬかるみ、がれき路など、路面状態に応じてトラクションやブレーキを制御するモードを活用しながら悪路を容易に走破し、人車一体感が味わえる操縦を経験した。
 宿泊は、昨年開業したばかりの高級ロッジ「紺碧ザ・ヴィラオールスイート」。8300平方メートルを超える敷地に、客室が8棟しか設けられていないぜいたくなリゾート施設だ。各棟にはあずまやとプライベートプールが備えられ、「伊良部ブルー」と呼ばれる美しい海が目前に広がる。夜は都会ではお目にかかれない、まぶしく輝く星々が空に浮かび、昼間の激しい走りを回想しつつ、のんびりとくつろぐことができた。
 ディナーの素材は、ミネラル豊かな潮風に育まれた宮古島産ばかり。本ツアー用に用意された特別なフレンチコースをシェフが腕によりを掛け仕上げる。メインの魚料理は近海で揚がった高級魚「クロバニアアカジンミイバイ」のマース煮で、肉料理はジューシーな脂の甘みが堪能できる「乳飲みアグー子豚のロースト」。ワインはレクサスがライフスタイルを提案する店舗「インターセクト」が手がけたオーストラリア産の白と赤が添えられ、宮古フレンチとのマリアージュも楽しめた。
 ツアー参加者からは「高級車を何も気にせず、泥道で走らせることができてとても面白かった」「(レクサス車は)こんなパフォーマンスができるんだということで、今後(購入も)考えていこうと思うきっかけになった」などと大満足とのコメントが多く寄せられた。
 レクサスのJマーケティング、天野正秀グループ長は、レッスンについて「レクサスが目指すラグジュアリーな運転を、シチュエーションを含めて体験してもらうのが狙い」と話し、今後は、「より多くのレクサスファンに楽しんでもらえるツアーを企画していきたい」と意欲を語った。