【あなたの地域の雑学】素手で熱湯を掛け合う長野の奇祭「霜月まつり」

【あなたの地域の雑学】素手で熱湯を掛け合う長野の奇祭「霜月まつり」

(提供:週刊実話)

長野県の遠山郷と呼ばれる地区に、怪我をしてしまいそうな奇祭が存在する。12月に遠山郷の各神社で行われ、国の重要無形文化財にも指定されている「霜月まつり」だ。

 神前に設置した大きな釜に湯を沸かして神に捧げ、さまざまな面をかぶって八百万の神に扮した村人が、舞を踊りながら煮えたぎった釜湯を素手で掛け合うという、なんともデンジャラスな神事だ。

 熱湯を浴びることで身が清められ、新しい魂をもらえるということなのだが、実はこの祭り、映画『千と千尋の神隠し』の神々がお湯につかるシーンのモチーフにもなったとのことで、ファンには必見の祭りなのだ。

関連記事(外部サイト)