吉高由里子 ジャニタレと破局「誰か結婚して!」“暴走”モード

吉高由里子が関ジャニ∞大倉忠義との破局ショックで暴走か 結婚で大倉への復讐狙う?

記事まとめ

  • 関ジャニ∞大倉忠義と吉高由里子が今年始めに破局していたと「女性セブン」が報道
  • 『フラッシュ』に大倉とホステスがベッドで寝ている写真が掲載され吉高は激怒したそう
  • 吉高はこれまで玉木宏、生田斗真らと浮名を流し、『RADWIMPS』の野田洋次郎と半同棲も

吉高由里子 ジャニタレと破局「誰か結婚して!」“暴走”モード

吉高由里子 ジャニタレと破局「誰か結婚して!」“暴走”モード

(提供:週刊実話)

吉高由里子(30)が、結婚秒読みだった『関ジャニ∞』大倉忠義(33)との破局ショックで、「誰でもいいから結婚して!」と訴える“暴走”モードに突入しているという。

 「2人の破局は、9月13日発売の『女性セブン』が“今年の年明けごろ破局”と報じて表面化しましたが、実際、そのようです。結婚を求める吉高が、ジャニーズ事務所の圧力で結婚に応じない大倉にブチキレたのが真相。吉高はもともと“20代で結婚する”と宣言していましたが、7月22日に30歳になってしまった。焦りまくるあまり、友人らに“誰でもいいからアタシと結婚して、子供を産ませて!”と訴えまくっているとか。“暴走”とはいえ、極めて危険です」(芸能記者)

 吉高と大倉は'16年7月に交際が報じられ、関係が発覚。双方の事務所は交際を否定したが、同10月にはバリ島旅行、昨年8月にはすし店デートが報じられるなど、事務所からの“強制破局指令”に逆らい、密愛を強行してきた経緯がある。
「年明けに破局したものの、寂しさが募る吉高には未練が残っており、実は復縁の可能性も探っていた。しかし、9月11日発売の『フラッシュ』が、大倉と名古屋ホステスとの“火遊び”疑惑を報じ、ベッドで寝ている写真まで掲載。9月7日から親友『ハリセンボン』近藤春菜とロンドン旅行に行っていた吉高は、現地で火遊び報道を知って激怒。“もうあの男は忘れる。外国人でもいいから、いい結婚相手いないかな〜”とクラブで“逆ナン”を繰り広げたとか」(芸能関係者)

 吉高はこれまで、オトコを次々と逃してきた。玉木宏、生田斗真らと浮名を流し、'13年には今をトキメく人気バンド『RADWIMPS』の野田洋次郎と半同棲までしたが、'15年初め頃、破局したのだ。
「その時も引退を考えるほど精神的に不安定になり、事実上、芸能活動から1年近く遠ざかり、海外各地での“男探し報道”が出たほど。それだけに、本気で結婚を狙っていた大倉との破局による精神的ダメージは、計り知れません。結婚の目標だった20代を超え、すでに30代に突入した焦りはすさまじく“誰でもいいから結婚して”という求愛モードはガチでしょうね」(同)

 吉高は今年、2大仕事を無事終えたばかり。4月期の主演連ドラ『正義のセ』(日本テレビ系)は平均視聴率9.8%と1ケタに終わったものの、何とか完走。8月24日からは主演、木村拓哉、二宮和也らジャニーズのトップと共演した映画『検察側の罪人』も公開され、大ヒット中だ。
「吉高は、復縁も考えていたのに、ホステスとベッド写真まで撮られた大倉への“復讐心”がメラメラ湧き上がっている。最大の復讐は、早く相手を見つけ、結婚することでしょう。今後、大きな仕事も入っていないため、新たな男が発覚し“超スピード婚”というシナリオになる可能性は極めて高いといえます」(スポーツ紙記者)

 火がついたオンナの“暴走”は止まらない。

関連記事(外部サイト)