深田恭子 スリム化で狙うライバル 石原さとみより先のゴールイン

深田恭子 スリム化で狙うライバル 石原さとみより先のゴールイン

(提供:週刊実話)

「かつて“デブキョン”と呼ばれていた頃の面影は、微塵もありません」(芸能レポーター)
 20冊目となった写真集『Blue Palpitations』が早くも話題になっている“深キョン”こと深田恭子(35)。
「水色系のビキニ姿でお尻を突き出し、深い胸の谷間も露わに、男を誘惑するように微笑むカットには、カーッと熱くなりました。ウエストからヒップにかけての“曲線”も、一段とセクシーになっています」(芸能ライター)

 プライベートも順調のようだ。
「このところ、オフのシーンを芸能マスコミによくキャッチされているのですが、いつも同じ様な、おしゃれなモードスタイルのようです」(テレビ局関係者)
 実はこのファッション、恋人・亀梨和也(32)のお気に入りブランド『タカヒロミヤシタザソロイスト』のものだという。
「亀梨は、とても懇意にしており、小さなオフィスで開かれる展示会には、彼女と2人で訪れることもしばしばあるそうです」(ファッションライター)

 深キョンはここ数年、このブランドの服やアクセサリー、スニーカーなどを頻繁に身に着けているという。
「このブランドはメンズがメーンで、レディースアイテムは少ないんです。彼女は相当気に入っているというか、亀梨とのペアルックを楽しんでいるのは明らかです」(芸能レポーター)

 深キョンと亀梨の出会いは、'15年1月に公開された映画『ジョーカー・ゲーム』だった。
「同年2月スタートのドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)でも共演し、交際を深めていったのです。2年ほど前には、亀梨の愛犬を深キョンが散歩させている姿が報じられました。すでに、半同棲状態との情報も流れています」(前出・芸能ライター)

 深キョンは、よくも悪くも好きな男に左右されるタイプで、体重も恋によって変動すると言われてきた。
「亀梨と付き合うようになってから、体つきもスリムになって、肌艶もよくなった。これは、事務所の後輩でライバルでもある石原さとみに“負けたくない”という強い気持ちが、そうさせたところもあるようです。もちろん、先にゴールインする気ですよ」(同)

 “恋多き女”深キョンにも、ついに年貢の納め時がやって来た!

関連記事(外部サイト)