清原和博氏 “銀座豪遊”再び!? 告白本で得た金満生活の真偽

清原和博氏が著書の印税で再び銀座で豪遊と報道 かつてクラブから出禁になったことも

記事まとめ

  • 『清原和博 告白』は大ヒットとなり、清原和博氏が再び銀座豪遊していると報じられた
  • 清原和博氏はかつて、粗暴な言動で銀座の高級クラブから出禁になった経緯がある
  • 別のクラブのママは、逮捕後に清原氏を見たことはないが、来ても入れないと話した

清原和博氏 “銀座豪遊”再び!? 告白本で得た金満生活の真偽

清原和博氏 “銀座豪遊”再び!? 告白本で得た金満生活の真偽

(提供:週刊実話)

7月に発売された『清原和博 告白』(文藝春秋社)は10万部を超える大ヒットとなった。
印税が入ったことで、覚せい剤事件で執行猶予中の清原和博氏(51)の“銀座金満豪遊”が一部マスコミで報じられた。

 清原は現役引退後、銀座の高級クラブに頻繁に通うようになった。6丁目のクラブ『R』の雇われママだったA子さんとの不倫が噂されてからは言動が粗暴になり、他のクラブからは出禁になった経緯がある。

 「A子さんとの不倫を清算してからも、もはやどのクラブからも敬遠された。唯一、受け入れたのが7丁目のクラブ『B』だったんです」(銀座事情通)

 清原は、『B』でヘルプについた元タレントでシングルマザーのM子さんに一目ぼれし、再婚を決意した。

 「M子さんの父親にも会って、これからというときに、清原の前に現れたのが元タニマチで飲み仲間だったXです。彼は、かつて経営コンサルタントとして羽振りがよかったんですが、コカイン不法所持と脱税で逮捕され、生活が困窮。そのXと'14年8月に再会し、シャブ仲間になって1億円を貸してしまったんです」(同)

 しかし、Xは'15年2月に覚せい剤で再逮捕され、返済に窮した。Xは『B』で、清原に対し、「1億円の借金をチャラにしないと、シャブのことをマスコミにバラすぞ」と脅したとされる。

「清原は、これを拒否した。怒ったXは、裁判のための弁護士費用を工面するために、マスコミに清原の“シャブ中ネタ”を売り歩いたんです」(夕刊紙記者)

 銀座の某クラブ関係者は、「Xはそろそろ刑期満了で出所する頃。清原は、Xと会う危険性のある銀座には来ませんよ」と言う。

 8丁目のクラブのママも、
「逮捕前は頻繁に来てましたが、逮捕後は見たことがありませんね。目撃情報があれば、銀座の情報網で、すぐに分かりますからね。どのクラブも清原さんにはいい印象を持ってませんから、来ても入れませんよ」

 逮捕後、銀座から消えたM子さんと親しかった同僚ホステスは、2人の近況を次のように語っている。
「M子は、清原さんに付きっ切りで糖尿病の治療と更生をサポートしています。完全な更生を確認出来たら結婚すると言ってます」

 “心にぽっかりと空いた穴”を埋めることは容易ではないが、男清原の更生は必ずできると信じたい。

関連記事(外部サイト)