中山美穂 「調教し甲斐があったわ」 23歳年下を“性の道具”にしたドラマのエロ仕上がりを見よ!

WOWOWの連ドラ『賢者の愛』で主演務める中山美穂、初のフルヌードを披露か

記事まとめ

  • ドラマ『賢者の愛』で中山美穂が初のフルヌードを披露する方向で話が進んでいるという
  • 中山はこのドラマにノリノリで、制作発表会見でも「調教しがいがあった」と語っている
  • 中山は『毎度おさわがせします』や『サヨナライツカ』などでセミヌードを公開している

中山美穂 「調教し甲斐があったわ」 23歳年下を“性の道具”にしたドラマのエロ仕上がりを見よ!

中山美穂 「調教し甲斐があったわ」 23歳年下を“性の道具”にしたドラマのエロ仕上がりを見よ!

(提供:週刊実話)

 8月20日スタートのWOWOWの連ドラ『賢者の愛』で主演を務める中山美穂(46)。ドラマのテーマでもある“愛と復讐”について、「“調教”するという言葉は、歪ではありますが、これも1つの愛だとおもう」と言い、また「自分の想いだけでは成立しないものじゃないでしょうか」と答えている。

 そんな中山に“アラフィフ”にして、初のフルヌードを披露する方向で話が進んでいるという。
 「中山は8月20日スタートのWOWOWの主演連ドラ『賢者の愛』でエロ演技を披露しています。彼女演じる主人公が、初恋の人と自分の親友が結婚したことに復讐する愛憎もの。2人の間に生まれた息子を、性的に調教し、復讐の道具にしていく話です」(放送記者)

 調教相手は23歳のイケメン俳優の竜星涼。中山が23歳年下の竜星を裸にしてディープキスしたり、言葉責めしながら調教セックスなどの過激濡れ場が織り込まれていくという。
 「中山もこのドラマにノリノリで、8月19日の制作発表会見では“調教しがいがあった”とか“ぜひやりたいと思った”などとうれしそうに語ったのです」(同)

 今作は、中山の“全裸披露”への布石と言われている。彼女には'85年放送の連ドラ『毎度おさわがせします』(TBS系)、40歳だった'10年公開の映画『サヨナライツカ』などでセミヌードを公開した過去がある。
 「今、中山を“熟女セクシー女優”に転向させる計画が進められている。その目玉が“初全裸”。早ければ来年にも、主演映画でフルヌードを見せる意向で、今回の連ドラで“エロ試運転”をしている彼女は、脱ぐ気満々とか」(芸能記者)

 神秘のボディーには、ある“秘密”があるという。
 「長年、パイパンと言われていました。それだけに全裸を披露しても“ヘアヌード”とは宣伝しずらく、“剃毛ヌード”になるかも」(同)

 このような話が浮上した背景には、中山の男問題がある。'14年7月、辻仁成と離婚し長男の親権は辻が持った。また、離婚前後から音楽家・渋谷慶一郎氏が新恋人に浮上。同10月には渋谷氏がネットにツーショット写真をアップしたほどだ。
 「しかし結局、今年の年明けに渋谷氏と破局。すっきりした中山は、ゴタゴタの最中だった昨年12月のフジテレビ系『FNS歌謡祭』で約18年ぶりにテレビで生歌唱し、最高視聴率も叩き出した。そのため、歌手活動も本格再開する見込みです。彼氏不在の今は、ヤケクソ暴走状態だけに全裸実現の可能性は高まっています」(芸能プロ幹部)

 ただ、その裏で今年3月、平子理沙と離婚したばかりの吉田栄作と親しげに食事している様子が報じられた。
 中山は自身を「復讐心を長く持ち続けられないタイプ」と分析している。ということは、電撃再婚に発展する可能性もある?

関連記事(外部サイト)