沢尻エリカ ついに認めたノーブラ露出癖

沢尻エリカ、過去に人前で胸を露出していたとの報道を自ら認める

記事まとめ

  • 沢尻エリカが人前で胸を出していたという報道に、自分自身の露出癖を認めた
  • 日本テレビ系『深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP』で沢尻自身が説明
  • 沢尻は酒が強くなく、ノーブラ派であり“無意識でおっぱいを出したかも”と発言した

沢尻エリカ ついに認めたノーブラ露出癖

沢尻エリカ ついに認めたノーブラ露出癖

(提供:週刊実話)

 沢尻エリカ(30)が、8月22日放送の『深イイ×しゃべくり24時間テレビ愛の合体SP』(日本テレビ系)に出演。自分自身が露出癖であることを認めた。
 「番組では、その昔、クラブで酔っぱらって、人前で“乳出し”をしていたと報じられたことについて言及。これを事実だったと激白したのです。沢尻は、酒が強くなく、自身がノーブラ派であることを説明した上で、“だから無意識のうちに、おっぱいを出してしまったかもしれない”と発言したのです。これまで、たびたび週刊誌が報じてきた“乳出し疑惑”の記事を、自ら認めた格好です」(スポーツ紙記者)

 さらに彼女は、今や伝説となった、'07年の主演映画『クローズド・ノート』の舞台あいさつでの「別に」発言について、
 「“いろいろあっておかしかった”と否を認める釈明をしたのです。ただ、司会の、くりぃむしちゅー上田晋也が『あなたは、あんなこと言う人じゃない』とフォローを入れているのが、いかにも台本ありきの演出でした」(夕刊紙芸能記者)

 昔の醜態疑惑を素直に認めるなど、あの沢尻も変わったと感心するかもしれないが、実はその陰には、芸能界生き残りへの話題作りが見えてくる。
 「沢尻は“別に”発言で、世間を敵に回しました。'12年に映画『ヘルタースケルター』で、起死回生のフルヌードシーンを披露するもパッとせず、その後、'14年放送のドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)で主演するも撃沈。さらに今年1月の特番ドラマ『大奥』でAKB48渡辺麻友と禁断のレズ濡れ場を熱演しましたが、話題となったのは渡辺ばかり。現在彼女は、何とか信頼回復しようと焦っているのです。しかし、今回のテレビ出演での発言に、ネットでは『落ちぶれたな』『完全に話題作りじゃないの』との辛らつ意見が続出。逆効果だったとも言われています」(同)

 そんな中、ひときわ興味を持っているのがAV業界だ。
 「スペシャル番組で、あっけらかんとナマ乳出しを公言する根性は見上げたものです。AV業界では、こういう女性こそトップクラスになれる逸材。クラブで露出してしまうというのは、まぎれもない露出癖だけに、野外露出系の作品に出れば、一躍、億を稼げる女優になることは間違いない」(AV関係者)

 三十路ノーブラ露出が見たい!

関連記事(外部サイト)