【SMAP解散】木村拓哉が活動休止のKAT-TUNに合流しグループ名改名も

記事まとめ

  • SMAPは年内をもって解散するが、来年以降の活動についてはほとんど決まっていない
  • 木村拓哉はグループを離れれば俳優が本業だが、俳優としての限界説すらあるという
  • そこで、活動を休止したKAT-TUNに合流、グループ名も改名する話も出ている

木村拓哉に浮上した新生「KAT-TUN」合流

 木村拓哉にソロ歌手でデビューする情報が持ち上がる一方、新ユニット結成情報を入手した。
 「木村はすでに一生遊んで暮らせるだけの収入を得たでしょうが、芸能人はやはりまばゆい光を浴びてこそ価値がある。彼だって、ジャニーズの幹部として近藤真彦や東山紀之のような“一丁上がり”の存在には、まだなりたくないはず」(ジャニーズ事情通)

 SMAPは年内をもって解散するが、来年以降の活動についてはほとんど決まっていない。
 「仲間を裏切ってまで事務所に残ったものの、じゃあ、今後なにをするんだという問題が出ている。SMAPというグループが存在してこそ、それぞれの活動の分野があったわけで、いまの木村になにができるわけではない」(同)

 木村はグループを離れれば、俳優が本業。平均視聴率34.3%を叩き出したドラマ『HERO』(フジテレビ系)をはじめ高視聴率俳優というイメージが強い。
 「でも、'13年放送の『安堂ロイド』(TBS系)は平均視聴率12.8%、'15年のドラマ『アイムホーム』(テレビ朝日系)は平均視聴率14.8%と、かなりパワーは落ちている。第一、最近ドラマに呼ばれることがめっきり減った。彼がいると、現場に異常な緊張感が走り、俳優やスタッフが嫌がるという話はよく聞く。俳優としての限界説すらある」(テレビ雑誌編集者)

 そうした中、一部マスコミが報じたのがソロ歌手での再生だ。
 「SMAPで1番かは分かりませんが、歌はうまい。だからソロで出せば間違いなく買ってもらえますよ、ファンクラブの会員にはね。ファンだけで10万枚以上は確実でしょう。ただ、それが格好いいか悪いかは意見が分かれるところです」(音楽ライター)

 なんだか固定ファンを当て込んでの押し売りのようで、木村クラスがするべき方法なのかは確かに疑問。
 「基本、お山の大将でいたい人ですから、やはり新グループを作ってトップに就かせるのが賢明。活動を休止した『KAT-TUN』に合流し、正真正銘の“グループリーダー”の立場にさせれば、彼も大満足するはず。当然、グループ名も改名する。なにしろ『KAT-TUN』には亀梨和也(30)という超人気者がいるうえ、親分風も吹かせる。ますます傲慢・木村は喜ぶ」(前出・ジャニーズ事情通)

 ただ、難点が一つある。木村の身長だ。
 「木村は表向き176センチで亀梨は171センチ。ハワイからの帰国姿を見ても分かるように、どう見ても木村は160センチ台です。ほぼ公称通りの亀梨と並ぶと、サバを読み過ぎているのがバレバレになる」(スポーツ紙記者)

関連記事(外部サイト)