高岡早紀 松坂桃李が大興奮したナマ半裸の過激舞台

高岡早紀と松坂桃李が出演の舞台『娼年』が話題沸騰、R15指定作品で半裸の奮闘

記事まとめ

  • 高岡早紀の半裸がナマで拝めるとして舞台『娼年』が話題沸騰となっている
  • R15指定作品でセックス描写が延々と続き「警察が動き出さないか心配」と話題に
  • 松坂桃李は尻を丸出しにし、高岡早紀はカーテン越しにバストを丸出しにしてるという

高岡早紀 松坂桃李が大興奮したナマ半裸の過激舞台

高岡早紀 松坂桃李が大興奮したナマ半裸の過激舞台

(提供:週刊実話)

 高岡早紀(43)の半裸がナマで拝める!
 話題沸騰となっているのは、舞台『娼年』。8月26日から東京を皮切りに、大阪、福岡と公演が続いているが、本作はなんと、舞台にしては珍しいR15指定作品。セックス描写が延々と続き、「生板ショーのようだった」「警察が動き出さないか心配」というくらいの衝撃度となっているという。
 「主演のコールボーイ役の松坂桃李は、前貼り状態で何度も尻を丸出しにし、AV男優なみの汗だくのピストンを見せて大奮闘。複数の女優陣も下半身こそ前貼りをしていますが、バストを丸出しにして体当たりしています」(舞台関係者)

 中でも注目は、ボーイズクラブのオーナー役の高岡早紀だ。
 「娼夫としての能力を見定めようと、松坂のシャツのボタンを外して押し倒し、“あんたのセックスは5000円ね!”とシビアに値踏みするなど、過激なセリフも満載です。必見なのは、カーテン越しとはいえ、あの美巨乳を丸出しにして大きくバウンドさせていること。かつての張りこそ失っているものの、柔らかく吸い付くようで、顔を埋めたくなること必至。あのシーンだけで、間違いなく、チケット代の元が取れる」(同)

 この舞台のPRのためか、8月に雑誌のグラビアに登場し、谷間などを見せてくれていたが、舞台ではなんと丸出しだというのだ。
 「何度も脱いでいる印象のある高岡ですが、実は、映画は『忠臣蔵外伝 四谷怪談』以降はフルヌードになっていません。写真集でも、90年代以降は脱いでいないんですよね。それが、舞台でナマ半裸を見せているんですから、信じられませんよ!」(芸能記者)

 観客のほとんどは、松坂の生尻目当ての女性ファンだというが、我々オヤジ世代こそ、今から何としてもプラチナチケットを入手し、駆けつけるべきだろう。
 「過激なシーンの連続に、松坂は“親には見せられない”と話していますが、高岡は余裕しゃくしゃく。松坂を本気で興奮させようと、エッチなアドリブでイタズラを仕掛けているそうで、松坂は毎回のように興奮しているそうです。とにかくモチベーションの高い彼女に、周りの若い女優たちも大いに刺激され、回を重ねるごとに濡れ場の激しさが増しているといいます」(同)

 高岡早紀、43歳。オンナとして今が一番いい!

関連記事(外部サイト)