向井理主演ドラマ『神の舌を持つ男』が低視聴率でTBS誤算 映画化で3〜10億円赤字か

記事まとめ

  • 向井理主演のTBS系ドラマ『神の舌を持つ男』が9話時点で5.71%と低視聴率を記録
  • 堤幸彦監督による映画化連動企画だったため、TBS幹部は頭を抱えているという
  • 興行収入が最低20億円以上ないと赤字になってしまい、推定赤字額は3〜10億円だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております