マギー 女性誌“半脱ぎ”にモヤモヤ「次はパイパン割れ目を見せろ」の怒声

マギー 女性誌“半脱ぎ”にモヤモヤ「次はパイパン割れ目を見せろ」の怒声

(提供:週刊実話)

 ハーフタレントのマギー(24)と、沖縄県出身のロックバンド「ORANGE RANGE」のYAMATO(32)の焼き肉デートが発覚した。2人は沖縄と東京を行き来しており、結婚も視野にいれた真剣交際をしているという。そんな折、マギーが、9月7日発売の女性誌『anan』に登場。半裸に近い状態で惜しげもなく手ブラを公開し、巨乳の谷間を見せつけている。
 「表紙はもちろん、グラビアでもセクシーボディーを披露しています。女性誌とはいえ、完全に男性誌のテイスト。前回の指原莉乃といい、この雑誌はよくこの手のぎりぎりヌードをやりますが、完全に男性の購買を狙ったものですね」(芸能ライター)

 乳頭やワレメ、お尻の穴など、肝心な部分は手や布などでうまく隠すその見せ方は、男のエロ妄想をかき立てる絶妙な演出。そんな彼女のセクシーパフォーマンスは大歓迎だが、一方で欲求不満の声も出ている。
 「女性誌だし、完全ヌードはないことはファンも分かっているにせよ、今さら的な声が噴出しているんです。ネット上の書き込みでは、『もう見飽きた』『分かったから早く脱げ』などといった辛辣なものも多い。彼女は、過去に下着メーカーのCMでかなり過激に見せているし、セクシー写真集も出版している。“半脱ぎ”路線は、もはや食傷気味らしいのです」(同)

 今回の特集タイトルは「ふんわり美乳」。ありのままで、柔らかなバストを維持することをテーマにおいているという。
 「1年前にも佐々木希を使って、似た企画をやっています。そのときのタイトルは『おしゃれ美乳』。佐々木のときはまだ話題になりましたが、今回、マギーの露出は評判イマイチ。やはり見慣れてしまったのでしょうか…」(女性誌編集者)

 マギーといえば、バンド『ORANGE RANGE』のボーカルYAMATO(32)との熱愛が一部週刊誌で報じられたばかりだが…。
 「彼が住んでいる沖縄に行ったり来たりしている彼女は、すでに両親に挨拶を済ませているようで、結婚秒読みとも言われています。マギーもハーフ系では、ローラのようにブレイクしたとはいえない。それだけに、本人も夢だったという『anan』出演で、起死回生を狙っていたのでは」(同)

 起死回生どころか、限界説を露呈してしまったマギーだが、B88・W59・H84の抜群のスタイルだけに、ブレイクを求める声も多い。
 「ファンは、全裸ヌードを期待しています。彼女は下着メーカーのCMに出ていたときに『仕事柄、剃毛している』と公言。それだけにツルツル割れ目が見たいというのが本音なのです」(ネットライター)

 起死回生のパイパン割れ目見せ!

関連記事(外部サイト)