貞淑美女タレントの性白書 夏目三久 芸能界のドンを虜にした「秘密のドS下半身」(1)

夏目三久を田辺エージェンシーの田邊昭知社長が寵愛か 有吉弘行との報道に激怒

記事まとめ

  • 8月24日、夏目三久が有吉弘行の子どもを妊娠したと日刊スポーツが報じた
  • この報道を他のマスコミは完全スルー、夏目三久も自ら否定し騒動は終息した
  • 芸能記者によると"芸能界のドン"田邊昭知氏がマスコミにかなりの圧力をかけたという

貞淑美女タレントの性白書 夏目三久 芸能界のドンを虜にした「秘密のドS下半身」(1)

貞淑美女タレントの性白書 夏目三久 芸能界のドンを虜にした「秘密のドS下半身」(1)

(提供:週刊実話)

 「結局、男をとるか、仕事をとるかの二者択一を迫られたのではないでしょうか」(芸能関係者)

 この夏一番? と評されたミステリーが表面化したのは8月24日のことだった。
 日刊スポーツ1面に、〈有吉の子供 夏目三久妊娠〉という大きな活字が躍ったのだ。
 「ビックリしました。他紙は、高畑淳子の長男で俳優の裕太容疑者の強姦を大きく報じていましたからね。日刊スポーツの“完全独走スクープ”でした」(マスコミ関係者)

 同紙によれば、夏目三久(32)と有吉弘行(42)が親しくなったのは、'11年4月にスタートしたバラエティー『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での共演。
 「夏目は'11年1月に日本テレビを退社し、フリーアナに転身。同番組が他局で初めてのレギュラーでした。有吉とマツコ・デラックスがお題に対して言いたい放題の中、夏目が2人の毒舌をさらりと受け流しながら進行を務める3人の絶妙なコンビネーションが受け、深夜ながら人気番組になったのです」(芸能記者)

 夏目は今年3月、番組を卒業したが、有吉との交際は、昨年あたりから始まっていたという。
 「毒舌の中にも優しさがある“有吉トーク”に、彼女はまいってしまったようです。2人の住むマンションは渋谷区で“お隣り同士”。裏口から出れば敷地内を1、2分で行き来できる“みそ汁の冷めない距離”にあるんです。有吉のあとを追うように、夏目が引っ越して来ました」(芸能レポーター)

 しかし、この“おめでたい話”を、他の芸能マスコミは“完全スルー”。
 翌日も日刊スポーツが〈年内にも結婚する方向で調整〉と報じても、他紙では、
 『交際、妊娠のいずれについても事実無根とはっきり申し上げます』(夏目の所属事務所・田辺エージェンシー)
 『事実無根』(有吉の所属事務所・太田プロダクション)
 とのコメントが掲載された。
 「日本音楽事業者協会会長も歴任し、芸能界で圧倒的な発言力を有する田辺エージェンシーの田邊昭知社長が、日刊スポーツ以外の芸能マスコミに“一行、1秒たりとも触れるな”と、かなりの圧力をかけたようです」(前出・芸能記者)

 所属タレントにはタモリをはじめ、NHK大河ドラマ『真田丸』主演の堺雅人までも擁し、先頃の『SMAP』解散騒動でも名前が出るなど、その威光は衰えを知らず、業界に“睨み”をきかせる田邊氏。
 「もちろん、当初“出たものは仕方がない”としていた有吉の事務所に否定コメントを出させたのも田邊さん。誰も彼には逆らえません」(前出・芸能関係者)

 そして、夏目がスポーツニッポン紙上で自ら否定し、この“騒動”はジ・エンドとなったのだが、それにしても有吉はなぜ“ドン”の逆鱗に触れてしまったのか。
 「根回しがなかったのが原因ではないでしょうか。夏目も有吉も独身なのですから、お互いがひかれあって深い付き合いとなっても何ら問題はありません。ただ、田邊氏からすれば、夏目は自分が育て上げたタレントという思い入れが強い。夏目にしても、自分を売れっ子にしてくれた恩義や忠誠心を持っていても何ら不思議ではありません」(芸能ライター・常山洋氏)

 こうした相思相愛というか、寵愛が、今回の激怒の下地、背景にあったのではないかとする声が多いのだ。
 「夏目は、ファザコンのところもありますからね。とにかく、有吉の傍若無人な介入によって、3人の心情がもつれ、トライアングルのような構図になってしまったような気がします」(前出・芸能関係者)

関連記事(外部サイト)