ゴマキの天を衝く“乳”がブルン! 圧巻の「ヌード映像」は存在した

 ママタレントになったが、ゴマキの顔こそ典型的な日本人顔だ。輪郭は丸くて、目は小さめで、顔は全体的に凹凸感がない。そこが世の男どものハートを鷲掴みにする。昨年の12月7日に第一子となる女児を出産し、ママタレとして活動をスタートさせた後藤真希(31)の衝撃情報を入手した!

 「9月24日、ママの聖地とも言われる東京・二子玉川で行われていた国内最大級のママイベント『Rakuten mama fes 2016』のトークショーにゴマキが登場。その美しさと全身から放出させる色気に、集まったママたちもきれ〜いとため息を漏らしていましたね」(取材記者)

 お肌の露出こそ少なかったが、彼女が自身の画像投稿サイト『インスタグラム』で公開した〈今日の衣装〉の写真をよく見ると、黒いブラウスを押し上げる大きなバストの盛り上がりが確認できる上、かすかにブラのラインも透けて見えており、この上なくエロい。
 さらに27日には、〈今日はある雑誌の表紙の撮影でした♪〉と、着物姿を披露。品のあるえんじ色に白の花柄、華やかな金色の帯が際立つ大人の色気が大放出された1枚に、絶賛のコメントが殺到しているのだ。
 「伏し目がちの憂いを帯びた表情が色っぽさを倍加させ、チラリと見えるうなじもエロチック。31歳で、ここまでの艶かしさを出せるタレントはいない。モー娘。世代のママたちの憧れの存在として、今後ニーズは激増していくでしょうし、商品プロデュースやイベント出演などで、お金も集まってくるでしょう」(同)

 モー娘。大ブレイクの立役者で、年を重ねるごとに凄みを増していく美貌とスタイルには、かねてより高い評価があったが、ここまでの大化けを果たすとは、もはや驚くしかない。
 「家族の不幸、一時は芸能活動をしていた弟の強盗傷害容疑での逮捕など、暗い話題が多かったゴマキですが、やっと自分の好きな活動ができるようになったのではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

 だが、ここで思い出されるのは、今から4年ほど前、芸能活動を休止する前後に飛び出したAVデビュー情報だ。本誌でも、何度か取り上げてきたが…。
 「ゴマキサイドがAV関係者と接触していたことは事実ですし、2本で7000万円という契約出演料の情報も嘘ではないでしょう。すでに撮影を終了して、そのギャラの一部を手にしての活動休止という話もありましたね」(AV関係者)

 撮影されたとすれば、その映像は現在、どこにあるのか?
 「お蔵入りですよ。ヌード映像は存在しますが、それはあるところからお金を借りるための担保のようなもの。一定期間中に返済をすれば、世に出ることなく回収され、発売されることもないという非常に危険な契約の上に制作されたものだったというんです」(同)

 そんなバカげた契約があるかと、どうにも信じがたいが、
 「当時のゴマキは、母を亡くしたあとで、出所したばかりの弟の家族ばかりか、自分の姉の家族の面倒も見なければならない状況でした。しかも、仕事がうまくいかずにお金に困っていたのは間違いありません。実際、グラビアや写真集でかなりキワドイところまで見せていただけに、可能性は否定できませんね」(同)

 だが、ママタレントとしての成功が確実視されているゴマキだけに、今後、この映像が日の目を見ることはなさそうだ。
 「プロデュース商品でヒットを出せば、7000万円などあっという間に返済できますからね。ただ、今後、落ち目になった場合は、この幻のAVもお蔵入りではなくなるかもしれませんよ」(同)

 ゴマキの“天を衝く乳房”映像を一日も早く見たい。

関連記事(外部サイト)