橋下徹、小池百合子が目の敵にする“裏切者”木村拓哉(1)

橋下徹、小池百合子が目の敵にする“裏切者”木村拓哉(1)

(提供:週刊実話)

 12月31日ですべての活動にピリオドを打つ国民的人気グループ『SMAP』。残すところ3カ月を切った中、SMAPメンバーの胸中に去来するものとは一体何なのか−−。
 「リーダーの中居正広(44)を筆頭に、静かにその時が来るのをひたすら待っているのが香取慎吾(39)、草なぎ剛(42)、稲垣吾郎(42)の4人です。香取は現在の心境を『死刑囚のような気分だ』なんて冗談を飛ばしていた。真意は測りかねますが、この4人はすでに解散を自分の中で消化している感じが受け取れる。ある意味、達観していると言ってもいい」(SMAP事情通)

 ところが、この4人のメンバーとは裏腹に1人イラつき、もがき苦しみ続けているのが一連の解散騒動で裏切り者の烙印を押されてしまった木村拓哉(43)だ。
 人気&好感度は日を追うごとにダダ滑り…。SMAP解散後、色々な意味で芸能活動に支障が出るのが木村だという。
 「木村は1月の騒動時に、いち早く独立を拒否しジャニーズ事務所残留を決めた。すべては保身のため。“事務所に逆らったら日本の芸能界でやっていけない”と妻の工藤静香らに説得されたからです。そんな木村はいまやジャニーズの幹部候補生。将来は最低でも役員の椅子が用意され、悠々自適な暮らしが保障されている。だが、義を捨て己の利益のみに走った木村を判官びいきが伝統の日本人が好むはずがない。ファンらはキリストを裏切ったユダになぞらえ“ユダタク”、あるいは関ヶ原の合戦で天下の裏切り者となった小早川秀秋をもじり“小早川くん”などと呼んでいる。木村人気はヤバイです」(芸能プロ関係者)

 実は、魑魅魍魎が蠢く政界でも木村の不人気ぶりは静かに、深〜く、そして確実に浸透している。
 たとえば、木村に対し露骨な嫌悪感を示したのが将来の女性総理と噂される小池百合子東京都知事(64)。『SMAP×SMAP』(10月3日放送、フジテレビ系)の人気コーナー“ビストロSMAP”にゲスト出演した際の、あからさまな態度が話題になっているのだ。

 この日の収録は小池都知事からオーダーのあったラーメンと付け合わせの1品というテーマで、木村&草なぎペアと稲垣&香取ペアが対戦した。
 木村&草なぎペアは“比内地鶏のフカヒレラーメン”と“羽根付き餃子”、稲垣&香取ペアは“鶏ガラ塩ラーメン”“松茸と牛タンの炒め物”を振る舞った。問題は試食タイム。木村が調理したラーメンを見た小池都知事はいきなり「食品サンプルみたい」とビミョーなツッコミを入れたのだ。
 「周囲は固まりましたよ。だって料理は9割が完成されていて、残り1割をメンバーが調理するだけ。その点を上手い表現で木村だけをターゲットに皮肉ったからです。木村は目が泳ぎ、焦りまくっていましたが、気を取り直し『ちょっとかじってみてください』と試食を促した。だが、小池都知事は大してリアクションを取らずに草なぎの餃子を食べ『イケますね』と笑顔でベタ褒めしたんです。プライドの高い木村が再びラーメンを勧めると『ちょっと待ってよ』とピシャリ。極め付けはラーメンを食べた小池都知事がふと周りを見渡し『SMAPに見られながらラーメン食べるのって滅多にない』と一言。解散騒動に対する嫌味のように聞こえたんです。その瞬間、木村のイラッとした顔がアップになった」(番組制作関係者)

関連記事(外部サイト)