田中萌 早期復帰を果たしたオヤジ殺し“萌え萌え”テク

 「普段は近眼でメガネを使用していますが、“女子アナ”になると“萌え系フェロモン”をふんだんにまき散らして男たちを振り回す。究極の“魔性の女”と言っていいでしょう」(女子アナライター)

 昨年12月、朝の情報番組『グッド!モーニング』で一緒に仕事をしていた妻子ある先輩・加藤泰平アナとの“不倫”が発覚して番組を降板。“無期限”の謹慎を余儀なくされたものの、予想外の早さで、3月末の深夜番組『バクモン学園』で画面復帰を果たしたテレビ朝日の田中萌アナ(25)。
 「初めこそ“お騒がせしまして”と殊勝に挨拶していましたが、画面を通してでも、その肌ツヤのよさがよく分かりました。“文春砲”炸裂後、別の妻子ある男性アナや制作会社のスタッフ2人とも親密だったことが分かり、“四つ股疑惑”と報じられたりしましたが、彼女に動揺は一切なし。“ノビノビ謹慎”だったようです」(女子アナウオッチャー)

 本来、謹慎中は自宅にこもっていなければならないのに、ちょくちょく外出していたという田中アナ。
 「今年初めには、実家のある山形に帰省。高校時代の同級生らとカフェで談笑する姿が目撃されました。また、別の日には、女友達3〜4人でコラーゲンたっぷりのパクチー鍋を囲みながら女子会をやっていたそうですから、“いい根性”をしていると思います」(ワイドショー関係者)

 さらに、こんな情報も。
 「発声練習も兼ねて、よく“1人カラオケ”に行っていたようです。好んで歌っていたのが〈ありのままの〜〉の歌詞が入っていて大ヒットした『アナと雪の女王』ということですから、男たちはありのままの彼女に細心の注意を払わなければなりません。大ヤケドします」(スポーツ紙記者)
 事実、相手の加藤アナは人事異動で、アナウンス部と兼任でスポーツ局へ吹っ飛ばされてしまった。

 そこで、気になるのが田中アナの今後だ。
 「なんと、今秋にも『グッド!モーニング』への復帰が決まったようです。これは、現場より上層部の意向が強いと言われています。“父性本能”をくすぐるというのか、素朴な彼女の困っている姿を見ていると“俺が守らなくちゃ!”という気持ちが湧いてくるようです。“オヤジ殺し”でもあるんですね」(前出・女子アナライター)

 “名”は体を表す!!

関連記事(外部サイト)