「山ピーを助けなきゃ!」石原さとみ “損失補てんヌード”必至の包囲網

「山ピーを助けなきゃ!」石原さとみ “損失補てんヌード”必至の包囲網

(提供:週刊実話)

 一時期ジャニーズ退所も囁かれ、“落ち目”のレッテルを貼られていた山ピーこと山下智久(32)だが、旬の俳優ばかりを狙う石原さとみ(30)が、不調の山下に走ったのが解せない。'15年のドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん』(フジテレビ系)での共演をきっかけに急接近。昨年から、熱愛の噂が浮上していた女優の石原さとみと、山下智久が、互いの自宅を行き来する「半同棲生活」を送っていることが、フライデーの取材で明らかになった。
 「2人は、4月の山下の誕生日にも原宿での密会をスクープされていますし、他にも銀座デートなどを繰り返しているといいます。堂々とした交際ぶりから、結婚に向け既成事実を重ねているようにも見えます」(ワイドショー関係者)

 だが、山下はジャニーズ事務所所属だけに、簡単に結婚が許されるはずがない。
 「岡田准一と宮崎あおい、松本潤と井上真央など、交際が長く、結婚を控えるタレントが多くいます。ジャニーズには年に1人しか結婚が許されないという掟があるとも囁かれる中、交際をスタートしたばかりの2人の“順番”は、まだ相当先になりそうです」(同)

 とくに、ジャニーズ事務所内での山下は、現在、ビミョーな立場にある。
 「彼は、SMAPの育ての親と言われた元チーフマネージャーのI氏が担当していたタレント。一時はSMAPと一緒に事務所を離れるのではないか、とも囁やかれていたのですが、メリー&ジュリー母娘にすり寄り、立場を守りました。ただ、かつてはギャラで揉めたこともあり、まだそこまでの信頼関係はできていないといわれています」(同)

 また、石原も同様。彼女が所属するのは老舗芸能プロだが、こうしたリスクにはシビアという。
 「フェラ写真流出後、仕事を干されて引退した藤本綾の最後の仕事は、フルヌードでの激しいファックシーンの映画。また、系列プロ所属の宮地真緒は、NHK朝ドラ『まんてん』のヒロインまで務めながら、音楽関係者の男性との熱愛が発覚後、仕事を失い、'10年の映画『失恋殺人』で脱いでいます。いずれも“損失補てんヌード”といわれました」(スポーツ紙記者)

 石原に、そこまでの覚悟があるかだが…。
 「私が山ピーを助けなきゃ」と石原は山下に本気で入れあげており、女優としての成長のためにも“ヌード、やります!”と前のめりの状態。彼女の全裸が拝める可能性は大きい。

関連記事(外部サイト)