「待ってました“剛毛ヌード”」葉月里緒奈が艶熟ヘアヌード写真集進行中

「待ってました“剛毛ヌード”」葉月里緒奈が艶熟ヘアヌード写真集進行中

(提供:週刊実話)

 噂になった男は真田広之、イチロー、岡村隆史、ハワイの寿司職人、不動産の御曹司、D建託の御曹司…等々さて、この女優は誰でしょう? 正解は“元祖魔性の女”と呼ばれた葉月里緒奈(41)であります。2年前に極秘離婚、すでにジュエリー販売を手掛ける企業家と半同棲していることも明らかになると同時に、芸能界復活の行方がいま注目されている。

 葉月は19歳の時、初主演した映画『写楽』で共演した真田広之との不倫が発覚。「恋愛相手に奥さんがいても平気です」などと発言し物議を醸した。
 「真田は女優の手塚里美との間に子供がいたのですが、葉月に夢中になって密会を重ねた揚げ句、手塚とは離婚。葉月にも捨てられボロボロになった。その後、メジャーリーガーのイチローもアメリカのロスのホテルで葉月と密会しメロメロになったのですが、やはり捨てられた。それが“魔性の女”と呼ばれた由縁です」(夕刊紙記者)

 日本テレビのドラマ『恋も2度目なら』('95年)で共演した、明石家さんまや佐藤浩市も葉月に振り回された口だ。
 「思わせぶりに接近されてその気になったが、相手にされなかった。ナインティナインの岡村隆史に葉月が迫ってフラれたという話がありましたが、あれも、岡村がからかわれただけ。男を弄ぶことに関しては天性のものがあるのでしょう」(ドラマ関係者)

 しかし一方で、高飛車な性格が災いし、マネージャーの言うことを聞かなかったために仕事が激減。いつの間にか日本から姿を消した。
 「幼少期にすごしたシカゴに移り住み、医者と結婚するとの情報が流れましたが、'98年にハワイの寿司職人と電撃結婚した。ところが、2カ月後には離婚して日本へ帰国。'04年、今度は不動産会社の御曹司と再婚して長女を出産するも、2年前に離婚、現在は年商5億円と言われる企業家と半同棲中といいます」(同)

 そんな中にあって今、葉月は芸能活動再開に意欲的で、女優業のみならずバラエティー番組への出演も積極的に受け始め、ヌード写真集の話まで浮上しているという。
 「“炎上タレント”を片っ端から起用しているフジテレビの昼の情報番組『バイキング』の枠を狙っているという情報もあります。加えて、完熟ヘアヌード写真集の発売情報まで飛び出している。葉月は過去にヌード写真集を出していますが、41歳になり、若い頃と違って色気はムンムン。売れると思いますよ」(同)

 綺麗な顔立ちに、小さな胸の蕾…。更には、あの剛毛とくれば、世のお父さんたちは「よっ、待ってました!」と、艶熟葉月を歓迎してくれるに違いない。

関連記事(外部サイト)