SMAP再分裂 中居正広・稲垣吾郎ジャニーズ残留vs草なぎ剛・香取慎吾「独立」へ

SMAP再分裂 中居正広・稲垣吾郎ジャニーズ残留vs草なぎ剛・香取慎吾「独立」へ

(提供:週刊実話)

 昨年末、解散した国民的アイドルグループの『SMAP』。解散から半年近くが経過したが、水面下では新たな騒動が燻ぶり始めている。元メンバーの独立話が再び勃発しているのだ。
 「SMAP解散を巡る一連の騒動は、何も解決していない。SMAPというグループが解散しただけで、独立話が収まったわけではありません。まさに、これからが本番なんです」(芸能プロ関係者)

 渦中にいる元メンバーは、木村拓哉(44)を除く中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)の4人。彼らは9月にジャニーズ事務所との契約更新を迎えるにあたり、再延長はしないと報じられてきた。その契約更改月の3カ月前に当たる6月に、大きな選択を迫られることになる。
 「そもそも、SMAP解散のきっかけはメンバー全員の独立騒動です。ジャニーズ事務所を退社した元マネージャーのI女史に付いて行くため、事務所を辞めようとした。当初、木村も含め全メンバーが独立の意志を固めていた。だが、土壇場になって木村の翻意で独立話は流れ、I女史1人が騒動の責任を取らされる形でジャニーズを去りました。その結果、木村VSメンバー4人という構図が出来上がってしまったわけです。木村と中居ら4人の関係修復は不可能といわれるほど拗れてしまった」(芸能関係者)

 当初、この4人の引受先として囁かれていたのがタモリや研ナオコ、堺雅人、夏目三久ら人気タレントを抱える大手老舗芸能プロの『田辺エージェンシー』。
 「ジャニーズを辞めたI女史が最初に頼ったのが、田邊昭知社長だったんです。『田辺エージェンシー』にしてみれば、タモリの後継者として中居は喉から手が出るほど欲しい存在だった。また、長年『笑っていいとも!』のレギュラーを務めていた草なぎと香取は、タモリにも可愛がられ、家族付き合いをしていた。子供のいないタモリの養子縁組説も出ていたほどなんです。稲垣もそれなりの交流はあった。当然、『田辺エージェンシー』のスタッフとも顔見知りなんです。SMAPとタモリの絆はとにかく強い。『SMAP×SMAP』内の人気コーナー“ビストロSMAP”の最後のゲストがタモリだったことからも仲のよさが分かります」(ジャニーズ事情通)

 しかも、大手総合免税店『ラオックス』の出資でI女史が代表取締役に就任した関連会社への移籍説、さらには中居自らが出資し、個人事務所を立ち上げ、木村以外のメンバーを引き取るといった話も浮上していた。

 そんな中、本誌が入手したのがSMAP解散に匹敵するショッキングな情報だ。
 なんと現段階(5月下旬)で、ジャニーズ事務所からの独立を決意しているのは草なぎと香取の2人のみ。独立派の精神的支柱の中居は、稲垣と共に残留を決めたというのだ。驚くことに、ジャニーズサイドは残留を決めた中居と稲垣に対し、特別な待遇や条件は一切与えていないという。
 「むしろ年収は下がるはず。中居と稲垣のギャラは他のジャニタレ同様、月給制になるからです。実は、SMAPメンバーのギャラは一旦、子会社の『ジェイ・ドリーム』に入金し、その一部をジャニーズ事務所に上納する形になっていたんです。これが経営者一族とI女史の亀裂を生んだとさえ言われていた曰く付きの案件だったんです」(同)

 残留した場合、中居のギャラは平均して3割近く下がることになるという。そんな屈辱を受けながらも、中居が残留を決めた理由はいったいなんだったのか。
 「中居はジャニーズとケンカしても勝ち目がないことを、この半年間で徹底的に理解したそうです。一番大きかったのは権利関係ですね。SMAPに関連する映像や音楽などすべてのライツをジャニーズの別子会社に移管され、何も持ち出せないことが分かったんです。中居は仮に仕事を干されても、このライツで食べていけると計算していた。その夢が脆くも崩れ去ったわけです。もう一つはスキャンダル対策です。週刊ポストで報じられた『嵐』櫻井翔とテレビ朝日の小川彩佳アナの熱愛はテレビで黙殺された。反対に、まるで示し合わせたかのように中居と振付師でダンサーの武田舞香の同棲スキャンダル、香取の隠し子騒動、草なぎの不審者のような愛犬散歩などが相次いで報じられた。中居は認めたくなかったが、独立の限界を感じたそうです。日和見だった稲垣は中居について行くことにしたようです」(同)

 当然、気になるのは独立を示唆している草なぎと香取の動向だ。
 「草なぎと香取は当初から言われていた通り、田辺エージェンシー系の系列事務所入りが囁かれている。新たな仕事も入っていません。また、5年近く出演していた久光製薬『フェイタス』の香取のCMは、『V6』岡田准一に交代している。こうしたことから考えても、この2人の独立はもはや規定路線と言ってもいいでしょう」(前出・芸能関係者)

 実は、メンバー4人が今後の身の処し方に迷い逡巡する中、その裏で1人、暗躍していた人物がいる。メンバー4人から裏切り者呼ばわりされた木村だ。
 「驚きなのですが、木村はメンバー4人が残留を希望した場合、穏便な措置を講ずるよう上層部に直訴していたというんです」(同)

 一見すると、元メンバーを守る美談のように聞こえるが、その実、漏れてきたのは木村の保身作戦だ。
 「木村は本当にビビっているんです。SMAP解散で、自分がこれほど世間からバッシングされるとは夢にも思っていなかった。今回、またメンバーが独立したら今度は何を言われるのか…。心底、震え上がっているんです」(同)

 目前に迫った、元SMAPメンバーの契約更新の意思確認。再分裂がありそうだ。

関連記事(外部サイト)