テレビ界で悪評渦巻く羽田圭介の“銭ゲバ”根性

芥川賞作家の羽田圭介氏に『テレビ界一の銭ゲバ』と悪評 『バス旅』は年内終了の噂

記事まとめ

  • 芥川賞作家の羽田圭介氏は“テレビ界一の銭ゲバ”として悪評を呼んでいるという
  • 羽田は「50万円なら考える」と高飛車な態度で月収は200〜300万円超えだそう
  • テレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の新シリーズも、早くも年内終了の噂

テレビ界で悪評渦巻く羽田圭介の“銭ゲバ”根性

テレビ界で悪評渦巻く羽田圭介の“銭ゲバ”根性

(提供:週刊実話)

 今や“テレビ界一の銭ゲバ”として悪評を呼んでいるのが芥川賞作家の羽田圭介氏(31)だ。とにかく出演料に対し、あまりにがめついことから、バラエティーや情報番組は距離を置き始めているという。
 「彼の不幸は、芸能プロに所属していないこと。だから業界のルールを知らず、プロデューサーから出演オファーを受けると、とんでもない金額を吹っ掛けてしまうんです。本来なら、羽田クラスならバラエティーで1本2〜5万円、情報系なら3万円が相場なんです。でも、芥川賞を取った当時は争奪戦が続いたため、言い値の20〜30万円を支払ったアホな局が続出した。そのときの成功体験が羽田を増長させてしまったんです」(芸能プロ関係者)

 結果、今でも羽田はオファーを受けると『50万円なら考える』と高飛車な態度を取ってしまうという。そんな羽田の月収は200〜300万円超え。その大半を占めるのは講演会だという。
 「本がたいして売れる作家ではない。地方の講演会にお呼ばれして1時間近く話してギャラをもらっているんです。最近になって、テレビ出演で名前を売ることが、講演会のお呼ばれ数につながると気が付いたようだが、時すでに遅しですね。テレビ制作会社のプロデューサーが作成するブラックリストに名前が掲載されているんです。なので、羽田に声を掛けるのは、よほどの時という認識ですね」(テレビ事情通)

 現在、唯一のレギュラー番組である『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)の新シリーズも、早くも年内終了が噂されている。
 「視聴率もイマイチだが、何よりも羽田のやる気がない。それなのに出て来るのは出演料の話。こっちも『それだけのギャラが欲しかったら、もっと数字を取れよ』と言いたくなる」(制作会社プロデューサー)

 ちなみに羽田の出演料は、3泊4日拘束で30万円〜。たいした話芸もなく、新人の作家にしたら十分過ぎる金額ということに気が付いていないようだ。

関連記事(外部サイト)