ドラマ関係者たちが呆れる武井咲の意外過ぎる素顔

武井咲、テレビ朝日『黒革の手帖』の濡れ場カットか 米倉涼子は激しい濡れ場で話題

記事まとめ

  • テレビ朝日『黒革の手帖』主演の武井咲だが、現場の評判は最悪だという
  • 台本を読んだ武井が「聞いてない」とヘソを曲げ、濡れ場がカットされたそう
  • 武井の事務所の先輩である米倉涼子は激しい濡れ場を演じて話題になった

ドラマ関係者たちが呆れる武井咲の意外過ぎる素顔

ドラマ関係者たちが呆れる武井咲の意外過ぎる素顔

(提供:週刊実話)

 芸能界で早くも大コケ確定と囁かれているのが、武井咲(23)主演の7月期ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)だ。武井といえば男女を問わず人気を集める女優だが、現場の評判は最悪だという。
 「とにかく多いのが『聞いてない!』とダダをこねること。マネージャーが武井に謝らないと、事が収まらない。以前ですが、彼女の楽屋の前を通ったときに聞こえてきたのがわめき声。『なんでこんな仕事を受けたの!?』とか『私のことを考えてくれてる?』のオンパレードで、聞いているこっちがいたたまれなくなりましたよ」(制作会社AD)

 すでに、今回のドラマでも似たような話が漏れ伝わってきているのだ。
 「濡れ場が出てこないという話しなんです。『黒革の手帖』は、元銀行員の原口元子が、己の肉体を武器に次々と男を手玉に取り、のし上がっていく松本清張の同名小説。過去に何度もドラマ化され、武井の事務所の先輩である米倉涼子も激しい濡れ場を演じて話題になった。キスシーンはあるものの、場面展開で男と朝を迎えるなど、ふざけた演出がなされているようです」(ドラマ関係者)

 同ドラマから濡れ場がカットされた理由だが、
 「台本を読んだ武井が、またしても『聞いてない』とヘソを曲げたからです。一度、言い出したら絶対に自分の意見を曲げない。米倉の後輩だからヒロインに抜擢されたという裏事情を知らないんです」(放送作家)

 ちなみに、気になる武井の出演料といえば、
 「1本150万円〜。テレ朝は当初、110万円で交渉したが『ドクターX』のご威光が最後は利いたようです。ただし、濡れ場に関してはテレ朝サイドも完全削除というわけにはいかず、話し合いが続けられている。あまりに武井がゴネ続けると最悪、降板なんて事態も起こりえますよ」(テレビドラマ事情通)

 武井が、ポスト米倉として名前が挙がるようになるには、まだまだ時間が掛かるようだ。

関連記事(外部サイト)