人気女子アナ「中出しSEXしたい」ランキング 業界関係者300人アンケート(2) 三田友梨佳、阿部知代、滝川クリステル、永島優美

 4位は、フジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(30)だ。彼女の実家は、劇場と超一流料亭を経営しているのは有名な話。ちなみに料亭は、昼懐石でも1万5000〜2万5000円という高額なお値段。
 「カトパンがフジテレビ時代に仲間数人とお店に行ったら、同僚ということで割引されるも、税別1万円だったそうです。それ以来、ミタパンの店は金持ち同伴じゃないといけないと評判になったらしい」(フジテレビ関係者)

 まさに、お嬢様育ちの三田アナだけに、当然、中出しランクでも評価は高い。
 「僕だったら、朝晩問わず、毎日すべて中出し。そして速攻で妊娠させ、結婚に持ち込みたいですね。なぜって? ずばり、“逆玉の輿”を狙ってですよ。もしかして彼女は、育ちのよさからSEXは未開発で、中出しの刺激に目覚めてしまうかも」(芸能マネージャー)
 「見るからにおとなしそう。だから無理やり、車の中で犯してみたい。強引に中出ししたら、いったいどんなリアクションをするか見てみたいです」(風俗業界に詳しい編集者)

 5人目は、意外や意外、フジテレビの阿部知代アナ(53)がランクインした。どう見ても、派手熟女のイメージしかないが、実は阿部アナに対しては、マスコミ関係者の支持が圧倒的に高かった。
 「同僚の結婚式やパーティー、イベントには、必ずといっていいほどB88センチといわれる巨乳の谷間見せドレスを平気で着てくる。それで『絶対、結婚する』『子供作る』とか言うんですから、そりゃ誘っているとしか思えないでしょ。30歳年下の若手記者の間でも『阿部さんの中で出したい』とか言ってます。垂れ掛かった巨乳が、これまた最高なんです」(夕刊紙記者)

 阿部アナの魅力はそれだけにとどまらない。ある芸能カメラマンは言う。
 「少なくとも10年は彼氏がいないはず。写真家の視点から見て、あの物欲しそうな表情は間違いなく、フリーSEXに目覚めている逸材です。きっと、ベッドの中では派手に乱れてくれるのではないでしょうか」

 6番手は、フリーの滝川クリステル(39)。彼女はもはや、女子アナという域を超えて、完全に文化人。オリンピック招致で名を上げただけでなく、動物愛護にも積極的で、その活動に共感する人間は多い。言わゆるスキのない女性ともいえるが、グレードの高い彼女だからこそ、下世話に中出ししたい輩がワンサカだ。
 「男は、知性のある女性ほど征服したくなる動物なんです。彼女は、頭がよければ、話し方も上品で落ち着いている。それだけに、凌辱の衝動に駆られます。とにかくまず、あの口を辱めたい。喉の奥までディープスロートしてから、バックからイン。スパンキングしながら思いっ切り果てたいです」(SMライター)
 「彼女、やはりフランス人の血を引くだけあって、かなりの巨乳です。パイズリで勃起させてから、フランス人らしい剃毛のパイパン秘穴の奥にドクドク注ぎたい」(テレビ制作関係者)

 7位は、フジテレビの“ユミパン”こと永島優美アナ(25)。彼女は現在、『めざましテレビ』のMCとして出演中。将来のフジを背負って立つ女子アナ筆頭ともいえる成長ぶりだが、その一方で、パンティーから毛がハミ出るほどの下半身ジャングルも、激しく成長中だ。
 「父親のサッカー評論家・永島昭浩氏を見ても分かるように、顔の濃さはもちろんのこと、その毛深さはハンパじゃないですよ。これだけ剛毛だと、下半身の処理でも、剃っても抜いても施術しても生えてくるので、おそらく伸ばし放題のはず。しかし、そんな“もじゃもじゃ好き”が多いのも事実。現に僕なんかは、朝のテレビを見ながら、生い茂る下半身の中に大放出するSEXを想像してますよ」(スポーツライター)

 さらに、こんな意見も…。
 「毛深い女って情が深いといいますよね。永島アナってあまりの顔の濃さで目立ちませんが、意外にも胸はDカップ巨乳なんです。おそらく、とことん尽くしてくれるタイプでしょうから、生フェラでも、嫌な顔を見せずに30分ぐらい平気でやってくれるんじゃないでしょうか。中出しできたら最高です」(テレビAD)

関連記事(外部サイト)