藤井四段出演で民放各局が仕掛ける『乃木坂46』と札束のW攻勢

 史上最年少でプロ棋士としてデビューして以来、公式戦では一度も負けていない(6月20日現在)中学3年生の藤井聡太四段(14)が快進撃を続けている。

 藤井は大阪、東京のトーナメント戦(6月7日、10日)で5戦全勝。17日に大阪で行われたオープン戦でも勝ち、史上最多の連勝記録まであと1つに迫る27とした。こうした藤井四段の活躍に笑いが止まらないのが、日本将棋連盟だ。
 「藤井君の活躍で将棋が改めて注目され、小中学生の間で再び将棋ブームが到来しているんです。最近は女の子の間でもジワジワと将棋が広まり、“将ガール”と呼ばれる美女らが急増している。藤井君の活躍で将棋界にバブルが到来した」(連盟関係者)

 このブームに便乗し、水面下で怪しい動きを展開しているのが民放テレビ局だ。藤井四段をなんとかバラエティー番組に出演させようと企んでいるのだ。
 「普段の藤井君は笑顔がまだあどけない中学生。当然、異性にも関心があるはず。そんな中、漏れ伝わってきたのが『乃木坂46』のファンだという話です。事実なら、乃木坂メンバーをキャスティングする。もし、恋愛関係に発展すればさらに旨味が増しますから」(制作会社プロデューサー)

 ちなみに、プライベートの藤井四段にはガールフレンドと呼べるような異性はいないという。藤井四段のキャスティングに『乃木坂46』をまき餌にするとは節操がなさすぎる気もするが、奥の手はまだある。
 「札束攻撃です。それこそ2時間拘束で200万円の出演料を支払うんです。時給換算したら100万円。藤井君はさておき、周囲の取り巻きが色めき立つ金額です」(芸能プロ関係者)

 藤井四段出演を狙う具体的な番組名も入手した。
 「日本テレビは『24時間テレビ』、『世界一受けたい授業』、『行列のできる法律相談所』。TBSは『金スマ』『ぴったんこカンカン』。フジテレビは『バイキング』、『ネプリーグ』、『アウト×デラックス』。テレビ朝日は『中居正広のミになる図書館』などでオファーを考えているんです」(放送作家)

 藤井君、ゲスな大人たちの“コマ”使いにご注意を。

関連記事(外部サイト)