中居正広ジャニーズ残留で始まる元SMAPメンバー「イバラの道」

 昨年末に解散したSMAPの元メンバーをめぐり、新たな騒動が勃発。木村拓哉(44)を除く中居正広(44)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)ら4人の独立問題は中居だけが残留となった。この結末の火付け役となったのが、香取がMCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)。9月いっぱいで打ち切りになる。
 「香取を“第2の中居”にしようと、SMAPを育てた元マネージャーのI女史が肝いりで始めた番組。グループ解散後も、唯一、香取の希望でタイトルを変更しなかった」(芸能関係者)

 今回、突如、打ち切りが報じられたが、テレビ朝日の局員はもとより、番組スタッフのほとんどが聞かされていなかったという。
 「秋以降も継続するものだと信じ込んでいた。制作会社やリサーチ会社は大騒ぎです。打ち切りになるなんて、一切、知らされていませんからね」(テレ朝関係者)

 この電撃打ち切り劇は、ジャニーズ事務所の一方的な通達によるものだ。
 「すべては、香取が9月以降も事務所に残留するかどうかに掛かっていたわけです。ジャニーズサイドも慰留はしたようですが、香取は首を縦に振らない。話し合った結果、退所。当然ですが、香取のレギュラー番組はすべてなくなる」(前出・芸能関係者)

 ジャニーズ事務所を退所する香取、稲垣、草なぎだが、中居の胸中は――。
 「中居は一度、事務所残留を決意したが、最後まで迷っていた。『27時間テレビ』(フジテレビ系)の司会を関ジャニ∞村上信五に横取りされたり、木村が中居の牙城である日本テレビに猛烈営業を掛けたりと、事務所に対して疑心暗鬼になっていたからです。残留したとはいえ、来年は不透明です」(同)

 そんな中、香取をめぐって最新情報が飛び込んできた。なんと、草なぎとともに事務所を立ち上げるという。
 「表には出ませんが、元マネージャーのI女史をコンサルタントに、元グループサウンズで活躍したY氏が社長を務めるというんです」(芸能プロ関係者)

 ちなみに香取と草なぎの芸能界における市場価値だが、どの程度のものなのか?
 「SMAPという冠が外れてジャニーズを放逐された…。かなり厳しいと言わざるを得ない。新事務所移籍後のギャラだが、ドラマで主演をした場合、80〜120万円。バラエティーだと40〜80万円が妥当という厳しい評価が出ている。2人はこの評価を把握しているのでしょうか」(キー局編成マン)

 進むも地獄、退くも地獄のようだ。

関連記事(外部サイト)