貞淑美女タレントの性白書 新人女子アナ秘密の下半身「身体検査」(3)

 TBSの新人・山形純菜アナ(1994年6月20日生・23歳)は、早くも“女子アナ界の叶姉妹”と呼ばれるようになった。
 「もちろん、山形アナはピンですが、そのゴージャスな経歴とバディは叶姉妹に負けていません」(前出・女子アナウオッチャー)

 岩手県盛岡市出身で、実践女子大学生活科学部食生活科学科卒の山形アナ。
 「'13年の『ミス実践』でグランプリ。顔立ちが日本人離れしているところから、ハーフ? の噂も立ちました。'16年の『ミス・インターナショナル』日本代表で、世界大会では15人しか進めないファイナリストになった超美貌が、これからテレビ界を席巻すると思います。同大会ではハイレグビキニ着用での審査があったので、アンダーヘアは、今でも無毛か最小限にお手入れしているようです」(同)

 ここにきて、青山愛アナ、宇佐美佑果アナの退社が明らかになったテレビ朝日のイチ押しは林美桜アナ(22)。
 「聖心女子大で哲学を学んでいました。派手というより、お嬢さまという感じの可愛いらしさを持った女子アナです。'14年の『ミス鎌倉』です」(前出・女子アナライター)

 先日、テレビ朝日で今夏に開催される大型イベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』の発表会見が公の場での初仕事となった。
 「緊張のせいで、コンテンツを“コンテンス”と言ってましたが、失敗は成功のもと。今後が楽しみな逸材です」(スポーツ紙記者)

 今、最も勢いのあるテレビ局として話題のテレビ東京には角谷暁子アナ(1994年7月30日生・22歳)が入った。
 「中野美奈子、青木裕子、竹内由恵らを輩出した“女子アナへの登竜門”、『ミス慶応』('14年)に輝きました」(大手広告代理店スタッフ)

 早くも『7スタライブ』を任されている。
 「名前が同じということでライバルはフジの久慈アナ、“目標は安藤優子”と公言しています」(前出・女子アナライター)

 テレビ東京ではもう1人、面白い存在として注目されているのが竹崎由佳アナ(1992年12月16日生・24歳)だ。
 「青山学院大学の文学部フランス文学科を卒業して'15年4月、関西テレビに入ったのですが、この5月31日をもって退社。翌6月1日、テレビ東京に入ったのです。表向きは、同局の大江麻理子アナに憧れてということですが、本音は、やはり東京で一旗揚げたかったようです」(前出・小松氏)

 ともあれ、彼女たちの活躍と成功を願うばかり。

関連記事(外部サイト)