「稲村亜美を守れ!」 プロ野球選手総勃ちに業界関係者が大号令

『神スイング』稲村亜美が始球式に引っ張りダコ 巨人の坂本勇人は稲村狙いか

記事まとめ

  • 稲村亜美は、美しすぎる“神スイング”と100キロ超の剛速球で始球式に引っ張りダコに
  • 巨人の坂本勇人は稲村を"合コンに呼び出せないのか?"と、選手に耳打ちしていたそう
  • 坂本の夜遊びの模様が週刊誌で報道されたがプロ野球OBからリークされたものだという

「稲村亜美を守れ!」 プロ野球選手総勃ちに業界関係者が大号令

「稲村亜美を守れ!」 プロ野球選手総勃ちに業界関係者が大号令

(提供:週刊実話)

 美しすぎる“神スイング”と100キロ超の剛速球で、現在、プロ野球の始球式に引っ張りダコとなっているグラビアアイドルといえば、稲村亜美(21)だ。
 「170センチを超える長身にFカップバストというド迫力ボディーに対し、まだあどけなさの残る笑顔のギャップは、大型アイドルとしての素材はピカイチ。何より、9年間の野球経験を証明する“神スイング”は、野球好きな昭和のオヤジ世代を一発で笑顔にさせてしまいます」(芸能記者)

 もちろん、若い女性に目がない選手たちからも熱い視線を注がれている。
 「5月に行われた中日対巨人戦の始球式に登場した際には、両軍ベンチの選手たちがニヤニヤしっぱなし。野球のユニホームを模したビキニでの投球で、おっぱいがプルンプルンと揺れていましたから、当然と言えば当然」(スポーツ紙記者)

 特に、そのボディーにエロい視線を送っていたのが、球界一の夜遊び王である巨人の坂本勇人であったことは言うまでもない。
 「彼女の姿に下半身を熱くしていて、“合コンに呼び出せないのか?”と、弟分の選手たちに耳打ちしていたそうです」(同)

 そんな中、稲村が坂本の手に落ちてしまうのだけは阻止せんと、業界のオヤジたちが強力な円陣を組み、神ボディーを守れと号令を掛けているという。
 「始球式をはじめ、プロ野球関連の仕事も増えており、選手ばかりでなく、監督やコーチ、さらにはプロ野球OBも一様に彼女にメロメロなんです。6月28日、ヤクルト戦のあとの坂本の夜遊びの模様が『FLASH』にキャッチされていますが、これは坂本の評判を落とし、万が一にも稲村がコロリといかないようにと、あるプロ野球OBによってリークされたものともいわれています」(夕刊紙デスク)

 神スイングは、プロ野球ファンの共有財産。我々も厳しい目で監視していくとしよう。

関連記事(外部サイト)