貞淑美女タレントの性白書 松居一代 脱がせ屋が虎視眈々! 還暦「巨乳&ヘアヌード」争奪戦(1)

『11PM』でブレイクの松居一代、過去に雑誌で"ヌード"も フェロモン女優として人気

記事まとめ

  • NHK『ごごナマ』で司会を務める船越英一郎と、泥沼の離婚騒動を繰り広げる松居一代
  • 『11PM』でブレイクし『マルサの女』『夜逃げ屋本舗part2』など映画にも出演
  • にっかつ『ルージュ』では大胆な濡れ場を披露、"フェロモン女優"として売れていた

貞淑美女タレントの性白書 松居一代 脱がせ屋が虎視眈々! 還暦「巨乳&ヘアヌード」争奪戦(1)

貞淑美女タレントの性白書 松居一代 脱がせ屋が虎視眈々! 還暦「巨乳&ヘアヌード」争奪戦(1)

(提供:週刊実話)

 「立場によって、色々な見方、感想があるでしょうが、ある意味、あの行動力と熱情は凄いと思います」(芸能プロ関係者)

 “2時間ドラマの帝王”と呼ばれ、現在、平日お昼の情報番組『ごごナマ』(NHK)の司会を務めている夫・船越英一郎(57)と泥沼の離婚騒動を繰り広げている松居一代(60)。
 「2008年頃から勃起不全によりセックスレスとなった船越が、バイアグラを飲んでハワイ在住の人妻と“不倫セックス”していたとブログ等で一方的に告発したのです。動画では『バイアグラ100ml男』と何度も連呼した松居。裏切られた思いが強いのかもしれませんが、船越にとっては甚だしいイメージダウン。たまったもんじゃありません」(テレビ局関係者)

 その松居一代は1957年6月25日、滋賀県近江八幡市生まれの60歳。
 「6月に還暦を迎えたばかり。父は競艇選手で、“何でも一番になれ”との願いを込めて、“一代”と名付けられました。母・妹の4人家族で育ちました」(芸能ライター・小松立志氏)

 地元の私立近江兄弟社高校在学中の16歳の頃から京都のモデルクラブに所属し、製薬会社などのCMで活躍した。そして、女優になるため、私立梅花女子短大英文科を中退して単身上京。
 「この時も、“どうせ勝負するなら東京で”というお父さんのアドバイスが大きかったようです」(芸能関係者)

 とはいえ、上京直後は共同トイレ、風呂なしのアパートに住んでいたという。
 「お昼のワイドショー『奥さま2時です』(テレビ東京)のリポーターなどの仕事をしたり、雑誌のグラビアでシースルーの洋服を着ただけの“ヌード”になったこともありました」(芸能記者)

 ブレイクしたのは、1979年から出演した『11PM』(日本テレビ系)だった。リポーターの仕事が人気となり、ドラマや舞台にも出演するようになる。
 「『マルサの女』('87年)、『肉体の門』('88年)、『夜逃げ屋本舗part2』('92年)といった映画にも出演しました。また、にっかつ作品『ルージュ』('84年)では大胆な濡れ場が話題となりました。今の彼女からは想像がつかないかもしれませんが、その頃は、“フェロモン女優”として売れていたんです」(映画ライター)

 “一度目の結婚”は、1986年。当時、年商90億円といわれていたDCブランドの経営者と結婚し、“玉の輿”と騒がれた。
 「しかし、'89年1月に男児を出産したが、長男はすぐに激しいアトピーになってしまい、そのため松居は治療に奔走したのです」(芸能レポーター)

 そんな中で、夫の浮気が発覚したのだ。
 「松居は、夫が愛人と過ごすホテルの“現場”に踏み込みました。さらに、外務省から夫の出入国記録を手に入れたり、航空会社やカード会社からも記録を取り寄せて浮気を調べ上げました。夫は2年で数億円もの大金を複数の女に貢いでいました」(ベテラン女性誌記者)

 何やら、今度の離婚騒動に通じる印象も受けるが、ほどなく夫と別居して仕事に復帰。離婚のストレスから松居は顔面麻痺になってしまった。
 「そのあたりから、本人の意思にかかわらず、公私共にトラブルがいつもついてくるようになったと思います」(ワイドショー芸能デスク)

 離婚成立は'96年。その時、夫の会社の経営は悪化していて、松居は億単位の借金を背負ってしまった。長男は松居が引き取った。
 「次のトラブルは、自宅マンションの天井の崩落でした。加えて、そのマンションが借金のために競売にかけられる波乱が続きましたが、そのトラブルの経緯などをまとめて出版したところ、ベストセラーになるという“うれしい誤算”もありました」(出版関係者)

関連記事(外部サイト)