“クジパン”こと久慈暁子アナが“100円サンダル”で出社し上司から大目玉か

記事まとめ

  • フジテレビの“救世主”と呼ばれている新人アナ、“クジパン”こと久慈暁子アナ
  • ”100円サンダル”で出社し上司から大目玉を食らったと、フジテレビ関係者は話す
  • 『めざましテレビ』へも出演、“ユミパン”永島優美アナなどが追いやられそうとの話も

久慈暁子 100円サンダル出社で大目玉喰らった超大型新人アナ

 「まだ、モデル気分が抜けきっていないようです」(女子アナウオッチャー)

 フジテレビの“救世主”と呼ばれている新人アナ、“クジパン”こと久慈暁子アナ(23)が“100円サンダル”で出社。上司から大目玉を食らったという。
 「いくら早朝出社、猛暑だったとはいえ、“100均のビーサン”でご出勤とは、ちょっといただけません。あまりにもカジュアルすぎます」(フジテレビ関係者)

 久慈アナは青山学院大学経済学部在学中の'14年、旭化成グループのキャンペーンモデルに選ばれ、水着姿(B80・W58・H83)を披露。また同大学卒業まで、女性ファッション誌『non-no』の専属モデルとしても活躍した。
 「実は彼女、日本テレビからも内定をもらっていたのですが、あえて低迷しているフジテレビを選んだという“男気”ならぬ“女気”の持ち主。ですから、今回のビーサンの件も、伝えられているほどのお叱りはなかったと思われます。あまりキツく言いすぎて、彼女に“じゃあ、辞めます”なんて言われたら大変ですからね」(女子アナライター)

 7月3日深夜にスタートしたフジテレビ新人女性アナウンサーの登竜門番組『クジパン』も、順調に推移している。
 「彼女で10代目の“パンシリーズ”。歴代の“アヤパン”(高島彩)、“カトパン”(加藤綾子)などを見れば分かるように、その年の新人女子アナの中で、フジテレビが誰をプッシュしたいのかがよく分かります」(在京テレビ局関係者)

 それを裏付けるかのように、7月10日からは朝の情報番組『めざましテレビ』へのレギュラー出演も始まった。
 「入社3カ月で『めざまし』というのは異例のスピード大抜擢です。ただ、パンシリーズの後、すべてのアナが活躍しているとは限りません。9代目の“ユミパン”こと永島優美アナなどは、久慈アナによって追いやられそうですから」(前出・女子アナライター)

 さる7月13日、23回目の誕生日を向かえた久慈アナ。
 「パンシリーズの先輩で大学のOBでもある三田友梨佳アナ(ミタパン)らとお祝いしたようです。上司が今、もっとも恐れているのは“男”で仕事に身が入らなくなってしまうことですが、今のところはなさそうです。もっとも、“ホットパンツでご出勤”となったら、それはそれで大きな話題になると思いますけど…これからです」(同)

 “クジパン”本仕込み〜。

関連記事(外部サイト)