貞淑美女タレントの性白書 武井咲 ピンポイント妊娠裏で囁かれる“ノーパン着物”中出しSEX(2)

貞淑美女タレントの性白書 武井咲 ピンポイント妊娠裏で囁かれる“ノーパン着物”中出しSEX(2)

(提供:週刊実話)

 それでも、所属事務所の“お陰”? で、CMにドラマにと顔を出し続けていた武井。
 そして、ついに運命のドラマ『黒革の手帖』に出会ったというわけだ。

 原作は松本清張の同名小説。ヒロイン・原口元子(武井)が勤め先の銀行から横領した1億8000万円を元手に、“黒革の手帖”に書かれた顧客の秘密を武器に銀座で自分のクラブをオープンさせ、夜の世界で闘うというストーリー。
 「このドラマのヒロインは、これまで山本陽子、大谷直子、浅野ゆう子らが演じてきましたが、最も印象的だったのが、'04年の米倉涼子でした。それまでイマイチ吹っ切れずにいた米倉を一躍、人気女優の座に押し上げたのです。平均視聴率は15%を超え、最終回は17.7%を記録しました」(ドラマ関係者)

 武井も始まる前は、「若すぎる」「銀座のママのイメージと違う」などと散々だった。
 「ところが、平均視聴率は11%台をキープして、今クールのドラマの中でもトップ3にランクイン。銀座のママを演じる武井の怪演ぶりが、アチコチで話題になっています。これまでなかなかヒット作に恵まれなかった武井にとって、ようやく“代表作”ができたと思いました。事務所関係者もとても喜んでいました」(前出・テレビ局関係者)

 役作りのため、武井は実際に銀座のクラブを“初体験”したという。
 「所作やお店を持つときの心情や覚悟、それこそマッチの点け方一つから勉強したそうです」(前出・芸能レポーター)

 そして、極め付けが“ノーパン”演技。
 「初めから着物でのシーンが多いことは分かっていたので、基本、下着をつけず、“ノーパン”でいるようにしたそうです。着物姿でパンティーラインが見えてしまうと、男は興醒めしてしまいますからね。大先輩の米倉からアドバイスがあったようです」(芸能ライター・小松立志氏)

 もっとも、この“ノーパン演技”が今回の“でき婚”につながったと指摘する声が一部にあるのだ。
 「武井とTAKAHIROが自宅で“黒革の手帖ごっこ”をしているうちにデキてしまったという噂が飛び交っているんです」(芸能プロ関係者)

 着物姿で最愛の男にしなだれかかる女。やがて男がソフトなキスを女の首筋あたりに浴びせながら、着物の裾をめくりあげると女の無防備な秘密の花園が露わになって…。
 というような光景があった?
 「いやぁ、これは男なら誰だってフル勃起してしまいますよ。思わず“中出し”してしまったのも、彼女があまりにもエロかったからでしょう。最近の武井はおっぱい、お尻が大きくなったと評判でしたから」(前出・小松氏)

 しかし、この代償は大きなものとなりそうだ。
 「翌月の10月期クールからは、『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)でディーン・フジオカとダブル主演を務め、続く'18年1月期も長瀬智也主演の『フラジャイル2』(フジテレビ系)への出演が内定していました」(ドラマプロデューサー)

 『今からあなたを脅迫します』で武井が演じるのは、“清廉潔白なお人好しお嬢様”という役柄だ。
 「何とも皮肉な役どころですが、本人は出るつもりでいます。しかし、来年1月期のドラマは、ちょうどお腹が目立ち始める頃ですから、出演は、ちょっと無理でしょう」(ドラマ制作関係者)

 “産休”に入れば、最低でも1年の休養を余儀なくされる。
 「CM契約の問題もあって、損失は10億円単位にのぼるとも報じられています。事務所は頭を抱えています」(前出・芸能レポーター)

 ともあれ、“銀座のママ”から“本当のママ”になる武井。だが、女優・武井咲にとってプラスになるかどうかは、これからの本人の努力次第だ。

関連記事(外部サイト)