夏菜がキャバ嬢役挑戦で日に日に高まる濃厚“枕営業シーン”への期待

夏菜が朝ドラ『純と愛』以来5年ぶりの連ドラでキャバ嬢役 "枕営業"シーンに期待も

記事まとめ

  • 夏菜がAbemaTVと朝日放送の共同制作ドラマ『ハケンのキャバ嬢・彩華』で主演を務める
  • 夏菜の事務所はかつて矢田亜希子が稼ぎ頭だったが、押尾学の一連の事件で株が大暴落
  • 矢田に替わり夏菜がなんとか稼げるようになったが低迷、キャバ嬢役を快諾したという

夏菜がキャバ嬢役挑戦で日に日に高まる濃厚“枕営業シーン”への期待

夏菜がキャバ嬢役挑戦で日に日に高まる濃厚“枕営業シーン”への期待

(提供:週刊実話)

女優の夏菜(28)が、10月9日から放送のインターネットテレビ局「AbemaTV」と朝日放送(ABC)による共同制作の連続ドラマ「ハケンのキャバ嬢・彩華」で主演を務める。

 同ドラマでは夏菜演じる主人公が、昼間は信用金庫の融資室受付として勤務するさえないOL、夜になると客やホステスのトラブルを解決する「伝説のキャバ嬢」として高級クラブを舞台に大活躍する。

「12年の連続テレビ小説『純と愛』以来5年ぶりの連ドラ主演だといが、ほかの朝ドラ女優と比べるとあまりにも“格落ち”。かつては矢田亜希子が稼ぎ頭だった所属事務所だが矢田は元夫・押尾学の一連の事件で株が大暴落。矢田に入れ替わって夏菜がなんとか稼げるようになったが、思わぬ低迷ぶり。そのため、事務所も決断して10年ぶりのキャバ嬢役を快諾。女優人生史上いまだかつて着たことがないというほどの、大胆に胸元と背中が大きく開いたセクシー衣装を着せることにしたようだ」(芸能プロ関係者)
 となると、毎回、DともFとも言われる夏菜のたわわに実ったバストの胸の谷間をおがめるが、期待されるのが濃厚な“枕営業”のシーンだというのだ。

「悪を対峙するための色仕掛けは避けられない要素。となると、どこまで脱ぐかがドラマの人気のカギとなる。泥酔して交際中の実業家にキスする写真も流出した夏菜だけにかなりの“艶技”が期待できそう。今後はエロ系の作品からのオファー殺到か」(芸能記者)

 キャバ嬢役がハマれば、女優としてダメになっても“転職”できそうだ。

関連記事(外部サイト)