嵐・松潤との破局で“決別濡れ場”が期待される井上真央

女優の井上真央と松本潤に破局説 井上真央は事務所移籍で濡れ場オファー承諾も

記事まとめ

  • 嵐の松本潤(34)と交際していると言われていた井上真央(30)に破局説が報じられている
  • 松本がセクシー女優の葵つかさ(27)と"二股交際"していたことが発覚し、破局したという
  • 井上は事務所移籍で心機一転、今後は濡れ場のある作品のオファーも受けそうと記者

嵐・松潤との破局で“決別濡れ場”が期待される井上真央

嵐・松潤との破局で“決別濡れ場”が期待される井上真央

(提供:週刊実話)

 10年近くにわたり嵐の松本潤(34)と交際していた女優の井上真央(30)だが、ここに来て破局説が報じられている。

 一部が報じたところによると、2年前、一度、破局したものの復縁に向かって関係は修復。しかし、昨年末、松本が、セクシー女優の葵つかさ(27)と4年にわたり“二股交際”していたことが発覚したため、破局してしまったというのだ。

 井上といえば、昨年、前事務所からの移籍問題が浮上。現在は新事務所に移籍したが、松本との破局もあって“Wショック”だったに違いない。

 「多忙な松本は絶妙な具合にカモフラージュして葵との逢瀬を重ねていたようだ。たしかに、“本職”の葵の方が松本を悦ばせていたに違いないが、真剣交際のつもりだった井上としては“二股交際”されていることを知り怒り心頭だっただろう」(映画業界関係者)

 ジャニーズ事務所の所属タレント、しかも、人気絶頂の嵐のメンバーである松本との結婚は“至難の業”。それでも耐え抜いたあげく、とんでもない仕打ちを受けてしまった井上だが、今後、仕事面で大きな変化がありそうだというのだ。

 「松本と共演した『花より男子』のヒロイン役でブレークした井上。以後、映画のオファーも増え、激しい濡れ場のあるような作品のオファーもあったというが前所属事務所のイメージ戦略で濡れ場はNGだった。しかし、プロ意識の高い井上は『作品に必要なら脱ぐ』というタイプ。事務所移籍で心機一転、今後は濡れ場のある作品のオファーも受けそうで、オファーを受けたら松本に対する“決別”と受け止めていいだろう」(芸能記者)

 なかなか“脱げる女優”がいなくなったこのご時世、井上の決断に期待!!

関連記事(外部サイト)