“制服映画”が大コケの広瀬すずに濡れ場本格解禁情報浮上!

広瀬すず新作映画公開も興行成績振るわず 新境地開拓のため事務所が濡れ場解禁か

記事まとめ

  • 広瀬すず演じる女子高生が生田斗真演じる教師と恋に落ちる新作映画、興行成績振るわず
  • 広瀬は、昨年公開された「怒り」で性的暴行を受けるシーンを熱演するも濡れ場経験なし
  • 成田凌との熱愛報道で清純派のイメージが崩壊、新境地開拓のため濡れ場にOKしたそう

“制服映画”が大コケの広瀬すずに濡れ場本格解禁情報浮上!

“制服映画”が大コケの広瀬すずに濡れ場本格解禁情報浮上!

(提供:週刊実話)

 女優の広瀬すず(19)がヒロインを演じた「先生! 、、、好きになってもいいですか?」が10月28日に公開された。

 広瀬演じる女子高生が生田斗真(33)演じる教師と禁断の恋に落ちる同作。かなり大規模な全国336スクリーンで公開されたが、オープニング2日間の興行成績は動員10万人、興収1億2700万円で映画ランキング初登場5位と振るわなかった。

 「邦画だと興収10億円がヒットの“ボーダーライン”と言われている。この規模の公開スクリーンとキャスト陣からして、軽く10億円は超えるかと思われていたが、10億超えも厳しいのが現状。これまで女子高生役ばかり演じてきた広瀬だが、どの役か区別が付かなくなり始めたため、そろそろ飽きられてしまったようだ」(映画業界関係者)

 広瀬といえば、昨年公開された「怒り」に沖縄在住の女子高生役で出演。米兵から凄惨なレイプを受けるシーンを熱演して評価をあげたが、これまで数々の恋愛映画に出演してきたにもかかわたらず、濡れ場はこなしていなかった。

 「所属事務所はキスシーンまではOKを出していた。それはあくまでも清純派のキャラクターだったから世間も納得していたが、今年の元旦、一部スポーツ紙で“やりチン俳優”の成田凌との熱愛を報じられてしまった。広瀬サイドはあわてて否定したものの、すでに清純派のイメージは崩壊。そこで、事務所も新境地開拓のため濡れ場にOKを出したという。中高生のファンが多い広瀬だが、“エロ路線”解禁で新たなファン獲得か」(広告代理店関係者)

 いずれにせよ、広瀬の“初脱ぎ”がどの作品になるかが注目される。

関連記事(外部サイト)