貞淑美女タレントの性白書 安室奈美恵 引退裏で浮上する再婚と東京五輪イヤー復活説(1)

安室奈美恵"引退宣言"経済効果は300億円以上か 一部で"引退は撤回"の声も

記事まとめ

  • 来年9月に引退する安室奈美恵のベスト盤『Finally』が、ミリオンセールスを達成した
  • 発売初週でミリオンを突破するのは、宇多田ヒカルのベスト盤以来13年7カ月ぶり
  • "引退宣言"による経済効果は300億円以上とも言われており、一部では"引退撤回"の声も

貞淑美女タレントの性白書 安室奈美恵 引退裏で浮上する再婚と東京五輪イヤー復活説(1)

貞淑美女タレントの性白書 安室奈美恵 引退裏で浮上する再婚と東京五輪イヤー復活説(1)

(提供:週刊実話)

 「今度の彼女の“引退宣言”による経済効果は、一説によると、300億円以上になるそうです」(芸能レポーター)

 来年9月16日で引退する安室奈美恵(40)のベスト盤『Finally』(11月8日発売)が、早くもミリオンセールスを達成した。
 「予想通りと言えば予想通りなのですが、12日までに113万3000枚を売り上げたのです。10代〜30代の“3年代”でのミリオンセールスという前人未到の記録に加え、40代の“4年代”へと更新させました」(音楽関係者)

 アルバムが、いきなり発売初週でミリオンを突破するのは、'04年4月に宇多田ヒカルのベスト盤『SINGLE COLLECTION VOL.1』以来、13年7カ月ぶり。
 自身の作品としては、'96年8月の『SWEET 19BLUES』以来、実に21年3カ月ぶり、2作目となった。
 「“聴くため用”と“お飾り用”の2枚を買うというコアなファンが大変多く、発売元のエイベックスには、CDが店頭に並んだ時点で100万枚を超える注文が全国のCDショップなどから寄せられていました。現在でも連日、追加注文が相次いでおり、“ダブルミリオン(200万枚)”も確実な情勢です」(芸能ライター・小松立志氏)

 また、来年2月からスタートする5大ドームツアー『namie amuro 2018 〜Finally〜』の前評判も上々だ。
 「来年6月までの5大ドーム15公演は、男女含めソロとしては史上最多となります」(イベント関係者)

 有終の美を飾るラストツアーは、記録ずくめの規模で開催される。
 「同時に発表された中国など3カ国と地域で開催するアジアツアーと合わせた動員は、自身最多の約70万人を見込んでいます。ソロとしては、'12年に74万人を動員した小田和正に及ばないまでも、彼女自身が'08年〜'09年に全国とアジアの64公演で記録した50万人を大きく上回り、女性ソロとして史上最多を更新することになります。一部で、“引退は撤回”との声も上がっています」(ワイドショー芸能デスク)

 安室奈美恵は1977年9月20日、沖縄県那覇市生まれの40歳。
 「幼い頃から目がクリッとしていて色黒で、マイケル・ジャクソンみたいだったそうです。貧しい家計を助けようと、早いうちから芸能界志望でした」(芸能プロ関係者)

関連記事(外部サイト)