恋愛禁止令を言い渡され爆発寸前の長澤まさみ

恋愛禁止令を言い渡され爆発寸前の長澤まさみ

(提供:週刊実話)

 女優の長澤まさみ(30)が、来年4月期のフジテレビ系連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」で11年ぶり2度目の月9主演をつとめることが発表された。

 各スポーツ紙などによると、長澤は大金をだましとる集団を率いるリーダー的存在として秘書、海外の大物女優など数々の職業人になりすまし変幻自在のコスプレを披露。ハニートラップを使いたがるが仲間に制止される天才&天然の詐欺師・ダー子を演じるという。

 「ハニートラップ=お色気なので、かなりのセクシーシーンを披露することになりそうだ。今年上演された主演のミュージカル『キャバレー』では惜しげもなく胸の谷間を披露。視聴率が低迷している月9だけに、長澤にはかなり大きな期待がかかっていると思われる」(フジ関係者)

 長澤といえば、これまで嵐の二宮和也(34)、EXILEのAKIRA(36)、俳優の伊勢谷友介(41)らと浮名を流し“恋多き女”として知られているが、このところ、すっかり男の話題もご無沙汰だが、事務所の先輩のあの問題が絡んでいるというのだ。

 「長澤の事務所といえば、今年の夏、斉藤由貴の不倫問題の対応で大忙しだった。それがなぜか長澤に飛び火し、『当分の間、男はNG』と言い渡されてしまったようだ。やりたい盛りの長澤だけに、下半身はすでに爆発寸前か」(芸能プロ関係者)

 長澤がいつまで男をガマンできるかが注目される。

関連記事(外部サイト)