「篠原(涼子)を脱がすっきゃないだろう」“月9”ドラマ低迷で脚本に手入れの決断

篠原涼子主演の“月9”ドラマが低視聴率に 篠原のヌードシーンを入れる脚本変更とも

記事まとめ

  • 篠原涼子主演の“月9”ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?』が低視聴率に
  • 『民衆の敵』はフジのオリジナルストーリーで篠原演じる“普通の主婦”が市長を目指す
  • 共演する高橋一生のシャワーシーンなどを初回から挿入したが、違和感を覚える視聴者が

「篠原(涼子)を脱がすっきゃないだろう」“月9”ドラマ低迷で脚本に手入れの決断

「篠原(涼子)を脱がすっきゃないだろう」“月9”ドラマ低迷で脚本に手入れの決断

(提供:週刊実話)

 「もはや挽回は篠原の全裸シーンしかない」という案まで浮上している。現在放送中の篠原涼子(44)主演の“月9”ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?』(フジテレビ系)のあまりの低視聴率に篠原ヌードシーンを入れる脚本変更の話が出ているという。

 フジの月9ドラマの視聴率は、3年ほど前から低迷し、撤廃も時間の問題と見られていたが、9月まで放送された山下智久主演の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』の第3シーズンがようやく全話平均で14.8%の視聴率となり、窮地を救った。
 「それだけに、次の月9の『民衆の敵』にも期待がかかっていた。しかも、主演は2年前に同局の木曜劇場枠で放送され全話一ケタ台を記録した『オトナ女子』でも主演だった篠原。彼女としても、名誉挽回といきたかったはずです」(フジテレビ関係者)

 『民衆の敵』はフジのオリジナルストーリーで、選挙がテーマのドラマ。篠原演じる“ごく普通の主婦”が市長を目指すというものだ。
 「ところが放送前、内容が一部メディアにすっぱ抜かれ、“主人公が小池百合子東京都知事に似ている”との声も上がり、フジの情報管理の甘さが指摘された。しかも、予想外の衆院選が重なったことを理由に、放送予定を1週間ずらすというドタバタで始まったのです」(テレビ誌記者)

 しかも、いざ始まるとその内容に批判が殺到した。
 「パート勤めだった主人公が市議会議員に立候補する理由が、単に報酬が高いからというお粗末なものだった。昨今、地方議員の不祥事や、女性国会議員のスキャンダルが問題視されているが、それを皮肉っているのかもよく分からない。ネット上でも倫理観が問われていたんです」(同)

 加えて女性をターゲットに、共演する高橋一生のシャワーシーンなどセクシー場面を初回から挿入したが、これにも違和感を覚える視聴者が続出。視聴率も回を追うごとに下がり続け、第7話で月9史上ワースト2を記録した。
 「高橋のエロシーンも効果はなく、その後はカットされた。このまま最終話まで行けば、今度は全話平均視聴率で月9史上ワースト1が待っている。そのため撮影は終了したものの、“高視聴率だった『アンフェア』ばりの篠原の全裸シーンを加えるべき”との声が、上がっているんです」(同)

 確かに高橋の裸などよりも、篠原の“全裸シーン”の方が断然効果があることは間違いない。

関連記事(外部サイト)