芸能界以外で“食いぶち”が見つかりそうな清水良太郎被告

 ものまねタレント・清水アキラ(63)の三男で、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた元タレントの清水良太郎被告(29)の初公判が15日、東京地裁で行われた。

 良太郎被告は起訴内容を認め、検察側が懲役1年6月を求刑し結審し。判決は22日に言い渡されるが、その後、日常生活を営むのはかなり困難な状態になりそうだという。

 「病院に強制的に入院させて治療しないと、また同じ過ちを繰り返してしまうことになりそうだ。妻と幼い子供がいるだけに生活させなければならないが、結局、父・アキラ頼みになりそう。良太郎被告が立派に社会居復帰するまではアキラもバックアップせざるを得ないだろう」(芸能プロ関係者)

 公判では今年5月ごろから月7回程度使用していたことや、東京・池袋のホテルで一緒にいて警察に通報されたデリヘル嬢に覚醒剤を口移しで吸引させたとも明らかになったという。

 もはや芸能界への復帰は絶望的な状況の良太郎被告だが、どうやら“拾う神”はありそうだというのだ。

 「デリヘル嬢が一部に暴露したところによると、良太郎被告がキメながら電マでオナニーして絶頂に達していたという。電マといえば、これまでは女性のためのものと思われていたが、なかなか斬新な使用法。良太郎被告が開き直って自ら電マをプロデュースすれば説得力抜群でバカ売れしそうだ」(アダルト業界関係者)

 良太郎被告の覚悟次第で“明るい未来”が待っているようだ。

関連記事(外部サイト)