どんどん“エロ仕事”に飛び付く元AKBのメンバーたち

元AKBの板野友美がゲスト出演のドラマで愛人役 篠田麻里子や前田敦子も“艶技”披露

記事まとめ

  • 元AKB48の篠田麻里子が、公開中の映画「ビジランテ」でカーセックスを披露し話題に
  • 板野友美はゲスト出演したドラマ「フリンジマン」で妻帯者を誘惑するお嬢様役に
  • 川栄李奈は、窪田正孝主演ドラマで女子高生役を熱演し、体当たりの演技を見せた

どんどん“エロ仕事”に飛び付く元AKBのメンバーたち

どんどん“エロ仕事”に飛び付く元AKBのメンバーたち

(提供:週刊実話)

 元AKB48篠田麻里子(31)が、公開中の映画「ビジランテ」でカーセックスを披露し話題になっている。

 「鈴木浩介演じる市議の妻役。廃虚に止めた車の中で愛を確かめ合うが、ほとんど篠田は肌の露出がなし。舞台あいさつでは『(撮影で)覚悟が決まった』と話していたが、あまりにも覚悟が足りな過ぎる。もっと脱がないと大女優への道は開けない」(映画業界関係者)

 同じく元AKBの板野友美(26)はゲスト出演したドラマ「フリンジマン」(テレビ東京)で妻帯者を誘惑するお嬢様役を演じた。

 「東幹久演じる役の愛人という設定。男の命令で大東駿介演じる主人公を誘惑するが、ラブホのベッドでタオル一枚になる姿がなかなかエロエロ。今後、もっと肌の露出を増やしそうです」(テレビ局関係者)

 ソロになってから勢いに乗る川栄李奈(22)は、7月クールの窪田正孝(29)主演ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)で女子高生役を熱演。

 ベッドシーンでは胸をもみしだかれるなど、体当たりの演技を見せた。

 また、AKB時代は不動のセンターだった前田敦子(26)は昨年放送の主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で恋愛体質の新聞記者役を演じ、かなりきわどいシーンの連発だった。

 「AKBの看板がなくなってしまえば生き残るのに必死で“エロ仕事”も断ってられない。AKB時代のファンとしても、散々金をつぎ込んできたんだから、その“恩返し”として肌を見せるぐらいしないと、今後、ファン離れが止まらなくなるだろう」(芸能記者)

 元メンバーたちは女優としての“艶技”をどんどん競ってほしいものだ。

関連記事(外部サイト)