長澤まさみ “月9ドラマ”放送コードギリギリ! Tバック騎乗位で「数字を取りに来る」

長澤まさみ、「月9ドラマ」で“コスプレ濡れ場”や“Tバックパンチラ”披露か

記事まとめ

  • 長澤まさみが来年4月期のフジテレビの月9『コンフィデンスマンJP』で11年ぶりの主演
  • 長澤は“コスプレ濡れ場”や“Tバックパンチラ”で数字を取りにかかるという
  • 長澤は、2014年に伊勢谷友介と破局報道、RADWIMPS・野田洋次郎とも熱愛報道があった

長澤まさみ “月9ドラマ”放送コードギリギリ! Tバック騎乗位で「数字を取りに来る」

長澤まさみ “月9ドラマ”放送コードギリギリ! Tバック騎乗位で「数字を取りに来る」

(提供:週刊実話)

 「私自身も、今が女優として重要な時期に差し掛かっていると感じていますので、『今を頑張らなくして、この先はない』という覚悟で挑みます」

 長澤まさみ(30)が、フジテレビの看板連ドラ「月9」打ち切り阻止に立ち上がった。来年4月期『コンフィデンスマンJP』で11年ぶりの主演を受諾。“コスプレ濡れ場”や“Tバックパンチラ”で数字を取りにかかるという。
 「長澤は女詐欺師役を演じ、共演の東出昌大や小日向文世らとともに、欲にまみれた人間から大金をだまし取るエンターテインメント作品をこなす。見どころは、長澤の七変化以上というコスプレ披露。秘書、キャビンアテンダント、海外大物女優などに扮し、男たちを欺いていくのです」(放送記者)

 中でも注目なのは、エロすぎる巨乳コスプレだ。
 「秘書のスーツ姿や、キャビンアテンダントの制服姿の時はほぼミニスカ。長澤の武器である巨乳を惜しげもなく見せまくるそうです。ダメ押しとして、パンチラ披露も検討されており、長澤も“どうせやるならTバックの方がインパクトがある”とノリ気だとか。放送コード的にギリギリどこまでできるかですが、何としても視聴率がほしいフジとしては一か八かで仕掛ける可能性大です」(同)

 さらに噂されるのが、長澤のSEXシーンだ。
 「欲望にまみれた金満男たちをだますストーリーだけに、海外大物女優に扮する回では、億万長者との過激濡れ場も収録される見込み。主導権を握る様を描くため、正常位だけでなく、騎乗位SEXシーンも含まれる予定。視聴率急騰は確実でしょう」(スポーツ紙記者)

 実はこの月9枠、今年7月期のヒット作『コード・ブルー』を除き、近年視聴率1桁も当たり前になるなど、惨敗続きで廃止論が局内で高まっていた。長澤はそうした中、わざわざ火の中に飛び込んだ格好だ。
 「長澤は'07年『プロポーズ大作戦』以来の月9主演ですが、今回コケたら本当に打ち切りになってしまいかねない。そうした状況でオファーを快諾したということは、逆に言うと、それだけ自慢のエロ演技で、V字回復させる自信があるということ。男性視聴者をKOするような脱ぎは必至でしょう」(同)

 長澤といえば、来年1月公開の主演映画『嘘を愛する女』でも、今をときめく高橋一生相手に、エロすぎる“指フェラ”を披露することが判明している。
 「キャリアウーマン役の長澤は、高橋と同居する恋人を演じます。風邪を引いた長澤の喉を診るシーンで、高橋がアドリブで長澤の口の中に指を何本か入れると彼女は即反応し、台本にはなかった高橋の指を舐める“疑似フェラ”を行ったというのです。本人もよほどエロ“艶技”を見てほしいのでしょう。11月27日に行われた同映画の完成イベントで、長澤は自らこの話を明かしたのですから」(映画ライター)

 20代での結婚願望が強かった長澤だが、次々と恋に破れている。'14年2月には結婚秒読みだった伊勢谷友介と破局。3月には『RADWIMPS』野田洋次郎との密会が報じられるも、その後、進展は聞こえない。
 「6月に30歳になった長澤は、しばらく恋に走らず、女優としてエロ暴走モードに入る決意を固めたようです。直後の7月中旬から放送されたアンダーアーマーのウェブCMでは、爆乳を揺らして踊り狂う映像を披露し度胆を抜いた。来年は、どこまで我々をフル勃起させてくれるか楽しみですね」(芸能関係者)

 舞台『キャバレー』で長澤は肌見せの多いガーターベルト姿を披露したが、『コンフィデンスマンJP』ではこれ以上の露出、艶技は必至というから、乞うご期待!

関連記事(外部サイト)