女優界最大派閥「小泉会」大分裂 米倉涼子vs天海祐希vs吉高由里子の跡目争い(2)

女優界最大派閥「小泉会」大分裂 米倉涼子vs天海祐希vs吉高由里子の跡目争い(2)

(提供:週刊実話)

 ところが、小泉はホームページ上で、デビュー以来36年間所属した事務所からの独立を発表(2月1日)。同時に妻子がいる俳優の豊原功補(52)と不倫関係にあることまで公表した。
 「バーニングからの独立はイコール、後ろ盾を失うということ。これまでのように互助会的な力を発揮できないわけです。さらに、小泉はあえて人の道に外れた不倫を貫くことで世間からも猛バッシングされた。そればかりか、仕事も激減するでしょう。ゆえに自分を慕って集まった小泉会のメンバーに迷惑はかけられないと考えたんです。悩んだ結果、小泉会を他のメンバーに引き継ぎ、自分は身を引こうとしたようです。また、誰も会長職を受けてくれない場合は、解散も密かに決意。愛着のある小泉会は継続させたいが、自分のワガママだけはどうにもならないと思案したというんです」(芸能プロ幹部)

 芸能界最大派閥である小泉会に危機が浮上したことでガ然注目を集めているのが、次期会長と目される米倉涼子の動向だ。
 「飯島直子と共に副会長を務めてきた米倉は、小泉から直接、“メンバーの面倒を見て欲しい”と頼まれたというんです。会長の小泉からお墨付きをもらったことで、“米倉会”の旗揚げもできる。小泉会の名前を継承する可能性もありますが、いずれにせよ、事務所の後輩である上戸彩、武井咲らが幹部に重用されるでしょうね」(芸能プロ関係者)

 米倉の水面下の動きに対し、内心面白くないのが他の幹部連。中でも、激怒しているのが米倉を女優としてライバル視する幹事長の天海祐希だという。
 「天海の米倉に対するライバル心は相当なもの。彼女は宝塚出身だけに元来面倒見はいい。“忙しすぎる米倉は小泉会の出席率が悪いから認めたくない”というのが表向きの反対理由のようです」(テレビ関係者)

 天海に同調する姿勢を見せているメンバーもいる。
 「飯島、長澤まさみ、戸田恵梨香だと言われています。内田有紀も飯島から誘われているが、米倉とはドラマ『ドクターX』で共演し気心が知れている手前、様子見の状態なんです」(前出・芸能プロ関係者)

 さらに、若手女優陣も怪しい動きを見せている。
 「キーマンは吉高由里子です。彼女は年齢の割に豪放磊落。基本、飲めればいいというさっぱりした性格のため、シンパが多いんです。また、米倉が会長になると、年下の武井が重用されることを警戒する綾瀬はるか&石原さとみらがホリプロ連合を結成する動きもチラホラ見え隠れしている。最悪、小泉会を割って吉高と一緒に新たな派閥を結成するかもしれない。これには土屋太鳳や北川景子らがくっついて行くと見られているんです。米倉新会長に納得しない結果、それぞれが派閥を立ち上げる大分裂は否定できない」(放送作家)

 新女優派閥抗争が勃発するのは時間の問題だ。

関連記事(外部サイト)