「剛力彩芽の気持ちが分かる」鈴木紗理奈が“愛は金で買える論”を告白

「剛力彩芽の気持ちが分かる」鈴木紗理奈が“愛は金で買える論”を告白

(提供:週刊実話)

タレントの鈴木紗理奈が“愛は金で買える”という経験をしたことを2月15日放送の『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)で明かした。

 「ウソでしょ! と思った出来事」というテーマで、男性にデートに誘われた話を披露した鈴木。

 初めてのデートで待ち合わせ場所だった表参道のハリー・ウィンストンに行くと、そのまま店の中に入り、指のサイズを測って100万円以上のダイヤの指輪をプレゼントされたという。

 その際、交際を申し込まれ、「こういうのもらっても気持ち変わるとかないから」と断ってはいたものの、デートを重ねるうちに行く先々でセレブの扱いをされ、気がついたら好きになっていたとか。「だから愛はお金で変えるんやな」と思ったそうだ。

 その後、交際が続いたが、交際開始前には彼と「僕のことを絶対に怒鳴ったり、ヒステリーとか起こさないでね」と約束していたと明かす。そんなある日、彼の会社でトラブルがあり、彼は電話で母親に「ママどうしよう…」とマザコンの素顔を見せたためドン引き。しかも彼は「紗理奈ちゃんもどう思う?」と鈴木に対して格好をつけることも忘れ、そこから三日三晩、鈴木に電話とメールが続いたとか。

 鈴木はついに「おい、お前、いいかげんに腹くくれや」とキレてしまい、彼は「えっ、怒鳴らないって言ったよね」と破局。しかし指輪はもらったままだという。

 お金で愛は買えることを経験した鈴木は「だから剛力彩芽ちゃんの気持ちはめっちゃ分かる」とオチをつけていたが、鈴木はその後、同月24日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日テレ系)に出演し、実は社長令嬢であることを明かして話題になっている。両親ともに会社経営者で、リビングにはビリヤード台があり、8LDKという大豪邸の実家も公開。

 それを考えると、マザコンとはいえ、金持ちの彼氏はお似合いだったのかもしれない。

関連記事(外部サイト)