指原莉乃vs白石麻衣 AKBと乃木坂の両エース「女王ヌード」,312;

指原莉乃vs白石麻衣 AKBと乃木坂の両エース「女王ヌード」,312;

(提供:週刊実話)

「“宿命のライバル”と言っていいと思います」(芸能関係者)

 先頃、都内で行われた女性向けブランド『サマンサタバサ』の創立25周年プロジェクト発表会に登場した『乃木坂46』の白石麻衣(26)。サマンサタバサについて白石は、
「学生の時から使わせていただいていて、雑誌の撮影でいろいろなバッグを持たせてもらいました。その一瞬、一瞬が思い出です。また今後もたくさんコラボしたいですね」
 とコメント。さらに、
「『乃木坂』でバッグを作らせてもらったり、ミュージックビデオも撮ったことがあります。すごく思い出に残っています」
 と懐かしがった。

 「白石がランウェイをバッグを持ってさっそうと歩くと、観客から“カワイイッ!”と歓声が上がっていました。3月1日から始まるこのプロジェクトでは“サプライジング”をテーマにさまざまな試みが行われる予定です」(ファッションライター)

 『乃木坂46』といえば、昨年末の『第60回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で『シンクロニシティ』が“平成最後の大賞”に輝き、平成29年に続き連覇を成し遂げた。

 「連覇は、平成26・27年の『三代目 J Soul Brothers』以来、3年ぶり8組目。女性グループでは『乃木坂46』の“先輩”でもある『AKB48』(平成23・24年)に続き史上2組目の快挙でした」(音楽関係者)

 『乃木坂46』は、昨年7月から9月にかけてグループ初のドーム・スタジアムツアーを敢行した。

 「東京・大阪・宮城など全国6カ所11公演で過去最多の53万人を動員しました。また12月には、中国・上海で初の海外公演を行い、大成功を収めました」(芸能ライター・小松立志氏)

 個々のメンバーの活躍も顕著だが、中でも、とりわけ輝いているのが白石麻衣なのだ。

 「日経トレンディの『2018年 今年の顔』に選ばれ、初のCMクイーン(14社)にもなりました。まさに“乃木坂の顔”です」(テレビ局関係者)

関連記事(外部サイト)