指原莉乃vs白石麻衣 AKBと乃木坂の両エース「女王ヌード」,313;

指原莉乃vs白石麻衣 AKBと乃木坂の両エース「女王ヌード」,313;

(提供:週刊実話)

発育中の白石Dカップ巨乳

 白石は1992年8月20日生まれの26歳。
「小さい頃から“キレイな女の子”として有名だったようです。夢は“ケーキ屋さん”だったそうです」(前出・小松氏)

 高校卒業後、音楽の専門学校に通うようになってから、芸能界への道が開けたという。
「その学校の先生にすすめられて、『乃木坂46』のオーディションを受けたのです」(前出・音楽関係者)

 2011年8月、同グループの1期生オーディションに合格。そして2012年2月22日、1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビュー。以後、グループの中心メンバーとして、さまざまな分野で大活躍している。
「ファッション誌で専属モデルもやっていましたが、注目は何といってもあのナイスなバディです」(グラビアカメラマン)

 公式プロフィルでは、身長162センチ、B81・W59・H84という数字になっているが、本当の中身はそうではないらしい。
「おっぱいは現在も“成長中”で、“Dカップ以上”ともっぱらの噂です。他のメンバーたちと楽屋で“揉みっこ”して大きくなっている、なんていう情報が流れているほどです」(芸能レポーター)

 そういえば、一昨年2月に発売された写真集『パスポート』(講談社)は40万部以上売れたという。
「“エロい女が大好き”な福山雅治が購入していたように、オジサン受けも抜群なんです。あるパーティーで、スリットが深く入ったシースルー系のランジェリーのような黒いドレス姿の彼女を見たことがあります。なにげなく髪をかき上げる仕草がとてもエロくて、久しぶりにフル勃起してしまいました」(ベテラン芸能ライター)

 バディだけではない。“ハート=性格”もよさそうなのだ。
「心配り、気配りができるんです。だから、業界のオジサンたちにも人気がある。ディレクターやプロデューサーなどで、CMスポンサーなら幹部クラス。この人たちが思わず“やってみたい”、いや“使ってみたい”という気持ちにさせるフェロモンを彼女は持っているということなのです」(前出・芸能関係者)

 お笑い芸人たちにもファンは多いという。
「『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔は白石が大好きです。『乃木坂』の冠番組に出演した際、白石が村本をどう思うかと聞かれ、“中の下”とコメントしてスタジオ内の笑いを取ったのです」(テレビ局関係者)

 白石からの辛口評価に本気で落ち込んだ村本。
「収録後、帰り支度をして村本がエレベーターに乗り込もうとした時でした。白石がダッシュで追い駆けて来て、“さっきのはウッソっ! 好きですよ”と囁いたのです。この細やかなフォローに大感激した村本は、以前にも増して“まいやん”のことが好きになったそうです。白石は、エレベーターで他の人と一緒になったら、決して先に降りることはしません。いつも最後です」(番組制作スタッフ)

 気になる今後だが――。
「卒業しても、人気が急落することはないでしょう。女優として十分やっていけると思います。“脱がせたい”と思っている監督がたくさんいます」(映画製作スタッフ)

関連記事(外部サイト)