夜の“おもてなし”は微妙な評判だった滝クリ

夜の“おもてなし”は微妙な評判だった滝クリ

(提供:週刊実話)

フリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が8日、都内で行われた「HAPPY WOMAN AWARD2019 for SDGs」の授賞式に出席した。

 各スポーツ紙によると、同賞は持続可能な取り組みで社会に貢献すると共に、自身もいきいきと輝き、今後さらなる活躍が期待できる女性を表彰。国連が制定している3月8日の「国際女性デー」に合わせて選出されたという。

 滝川は自身が代表理事を務める動物愛護を目的とした財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」や、国際NGO「世界の医療団」の親善大使としての活動などが評価されて受賞。

 授賞式では、「お・も・て・な・し」のパフォーマンスが話題となった、2013年に行った東京五輪招致の最終プレゼンを振り返り、「(従来は)登壇は男性がほとんどだったので、見直して女性の登壇者を半分くらいにしました。そういう時代が来ているということで。女性の立場が役に立って、うれしく思います」と話したという。

 「フジテレビの夜のニュースのキャスター時代には斜め45度のアングルでおじさん視聴者をくぎづけにした滝クリ。しかし、実物を見ると、思ったほどスタイルは良くなくてガッカリ。なのでそこまでそそられない」(取材したことがあるカメラマン)

 プライベートでは以前、俳優の小澤征悦(44)との交際が報じられ、数年前の破局報道以後もたびたび復縁説が報じられていたのだが…。

 「どうやら、夜の方は滝クリがあまり積極的ではなかったようで、遊び人の小澤が飽きてしまったのが破局の真相のようだ」(芸能記者)

 次の彼氏にはしっかり夜も「「お・も・て・な・し」した方が良さそうだ。

関連記事(外部サイト)