予想通りのおざなりな調査結果だったNGTメンバーの暴行騒動

予想通りのおざなりな調査結果だったNGTメンバーの暴行騒動

(提供:週刊実話)

アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が、昨年12月に自宅を訪れたファンの男2人から暴行を受けた事件で、48グループの運営会社・AKSが21日、事件に関する第三者委員会の調査報告書を公表した。

 グループの公式サイトに、A4で34ページにわたる調査結果を全文掲載。その調査結果に関して、「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかったとの判断がなされるとともに、運営上の不備が指摘されました」と説明した。

 また、調査委員会の聞き取りの結果、ファンと私的につながっていたメンバーがいたことも発表。しかし、「風紀の乱れ全般は、今回は不問に致します」と説明。再発防止のため、「暴行を行った被疑者らに対して断固とした対応をするため、民事上の法的措置を検討しています」とした。

 「ファンとのつながりは重大なルール違反で、今回の事件の背景になった行為。にもかかわらず、処分sなかったらマジメに活動しているメンバーはアホらしくてやってられないだろう。今後、メンバー間で大きな溝ができそう」(芸能記者)

 調査結果自体、想定内のおざなりなものだったというのだ。

 「3人のメンバーに対して事件の関与について聞いたところ関与を否定したとか。とはいえ、ネット上では3人が誰かについてファンたちが厳しい追及をすることになりそう。ファンもメンバーも納得できず、NGTで稼ぐ大人たちだけが納得する結果となった」(同)

 22日、AKSは新潟市内で調査結果の説明会を行うというが、メディアの厳しい追及を受けそうだ。

関連記事(外部サイト)