噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山口紗弥加(39)セックステクで男を骨抜き⁉

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山口紗弥加(39)セックステクで男を骨抜き⁉

(提供:週刊実話)

今回取り上げるのは、女優の山口紗弥加だ。

 現在、主役を務めるドラマ『絶対正義』(フジ系)では、規則や法律だけを「正義」と信じて疑わないエキセントリックな女性を好演している。

 彼女の顔相で目につく点を挙げてみると、(1)狭い眉間・目間(細心で集中力が高く、神経質で不寛容)(2)鼻が長い(慎重で責任感強く、保守的)(3)広い額(頭の回転が早い)(4)アゴが細く尖った逆三角形の顔形(冷静で真面目な心性)など、『絶対正義』の役柄と重なる要素がとても多く、まさにハマリ役と言える。

 総じて智に勝る相ながら、SEX診断チャートの評点は低くない。性ホルモンタンクの臥蚕の張りがよく、眼形が半月形(下瞼ラインが直線的)なのも、臥蚕が上方向に発達している現れで、男性の目には魅力的に映り、モテ相の代表格だ。

 肉付きの薄い田宅(上瞼)に重操紋(二重瞼のシワとは別の半月形の紋)が入っているのは、男の淫情を先読みして性戯を繰り出し骨抜きにする、セックステクニシャンの相。

 ただ、彼女は眼光に余分な艶や媚がなく、(前述の鼻相や狭い眉間からも)易々と淫蕩には流れない。濃くて豊かなもみあげは男性ホルモンも豊かな証左で、スタミナには恵まれるもセックス自体は淡泊だ。

【淫乱度】としては「4」。【絶倫度】が、金甲(小鼻)の張りでプラス、やや勢いを欠く口相がマイナスで、「4」寄りの「3」と観る。

 彼女は丸目で、耳の位置が高く、異性からの誘惑に対して、深慮よりも感性に任せて行動しがち。しかし、狭い眉間・強い眉・長い鼻が抑止力となり、【尻軽度】としては「2」寄りの「3」。

 先天的名器度の指標となる耳穴の下の溝が平凡ながら、狭い眉間が補い、後天的名器度を示す口元の肉付きが良好で(特に上唇)、口角(唇の両端)も上がっていて好相。トータルで観て、【名器度】は「3」寄りの「4」と高めだ。

 発達した金甲と、下瞼ラインが目尻で上がり加減になっているところがあげまん要素。豊かな臥蚕がマイナスで、強い眉相でも足を引っ張り、【あげまん度】は「3」寄りの「2」となったが、現代女性としては低くはない。

 彼女は丸額で、生来の気質は女性的。長いアゴは(異性愛とは別の)人類愛・家族愛に厚い相で、鼻孔が小さく、その鼻孔が正面から覗かず(節約家で秘密を守れる相)、結婚すれば上手に家計を切り盛りする、よい奥さんになれる相ではある。

 しかし、反面、頬骨とアゴ先がともに前に出ていて、これは働く女性に多い、行動的で出たがりの相。

 その程度は、後者のほうがかなり強く、今後も主役・脇役を問わず、女優として活躍していけそうな女相で、家庭にこもってしまう姿は想像しにくい。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事(外部サイト)